ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

つづら杯決勝戦~迷宮編その4~

こんにちは、管理人のつづらです。

一斉更新に向けて、フィードバックを行っていると気付くのですが、
時々、とんでもない不具合を発見する事もあります・・・。(汗)

よく、こんな条件で動いていたな・・・と冷や汗をかく事もあったりして、
あわてて修正する事も・・・。

そんな訳で、みなさんも不具合の拡散を防ぐため、最新版かつ、
正規公開のAIをDLして使用するようにして下さいね♪



・・・さてさて、迷宮編も今回でちょうど折り返し地点。

メンバーが充実してきたので、ここで、結界内の戦闘ルールについて
簡単に、ご紹介したいと思います。



【戦闘ルール】

1.戦闘は基本タッグ戦とする。(人数不足による減員以外。)
2.味方メンバーが全員脱落した時点で、捜索は終了となる。
3.戦闘に1回参加するごとに、疲労ポイントが+1される。
4.疲労ポイントが3に到達したものは、回復の為、戦闘メンバーから
  一時的に外れる。(特殊能力で例外あり。)
5.戦闘に敗北する(KOされる)と、疲労ポイントは3になる。
6.疲労ポイントは、戦闘しないと1回復する。
  (戦闘不能は疲労ポイントが0になるまで、戦闘出来ない。)
7.小夜のみ、1度戦闘に参加すると疲労ポイントは3になる。



これが、大まかなルールです。

他に、キャラごとの特殊能力などもあるのですが、それもおいおい
説明しますね~♪

一発撮りだけに、けっこう緊張感漂う戦闘になっていますが、
はてさて、ハガネ達は無事、メンバーを全員救出出来るのでしょうか・・・?
(今回登場するタッグも、けっこう鬼門の鬼畜タッグだったりします・・・。汗)

なお、今回も、期間限定で熱い試合を動画でお届けします♪
それでは、冒険スタートです!



【結界内部】

胎動を続ける結界内。
囚われている者を探しながら、結界内を捜索するハガネ達であったが、
すでにどれだけの距離を移動したか、定かではない。

同じような光景が延々と続く中、敵の奇襲を警戒しながら一歩一歩進む一行。
焦燥と緊張が、じわりじわりと精神力と体力を奪っていく・・・。

ハガネ:くっ・・・。

ハガネの脳裏をリアフィーユの姿がよぎる。
おそらく囚われているであろうリアフィーユの姿は、いまだ発見出来ていない。

掌にじっとりと絡みつく汗を拭き取りながら、ハガネは唇をかみしめる。

飛竜子:・・・ハガネ。

ハガネ:・・・わかってる。 焦っちゃいないよ。

そんなハガネの焦燥を知ってか知らずか、目の前に再び複数の影が現れた。

ハガネ:ちっ・・・!

身構えるハガネであったが、急にバランスを崩し、膝をつく。

ハガネ:(なっ・・・、体に力が・・・!?)

小夜:・・・いけないっ!

とっさに印を切る小夜。
ハガネを吸収しようと、収縮してきた肉塊が拡散する。

ハガネ:すまない・・・小夜!

小夜:・・・無理しすぎですよ、ハガネさん。 ここは結界内。 
    ただでさえ、体力も精神力も消耗するというのに、体を酷使しすぎです。

光:・・・ごめん。 私のせいだ・・・。
  あの時の戦いで、おとりになって時間を稼いでくれたから・・・。

光がうつむく。

ルキア:うむ・・・。 そのとおりだ。 我らは、そなたらに救われた身。
     その恩に報いるためにも、ここは我らがいこう・・・!

ルキアが、胸を張って得意気に言う。

ハガネ:お前達・・・。 は・・・はは、すまない。
     なんだかんだで、あたしが一番焦っていたのかもな・・・。
     悪いが・・・頼んだよ。

小夜の治療を受けながら、ハガネが悪びれてつぶやく。

ルキア:うむ・・・。 任された!

光:私が、みんなを守る・・・!

具現化した影は、無言のまま、襲い掛かってきた。

光:くっ・・・! この・・・気配は・・・!!

目の前に現れる甲冑の少女と剣士。
その姿に光は見覚えがあった。

つづら杯予選、Hブロック。
惜しくも予選突破は逃したが、強力な斬撃と魔法を操る少女がいた事を・・・。
同じ魔法騎士として、光はその少女に注目していた。
なにより、その内封した魔法力の高さは、光をはるかに凌駕していた。

そして、それを守るかのように静かに佇む剣士。
研ぎ澄まされた刃のようなその殺気に光は、身動ぎ一つ出来ない。

アリーナ:しっかりして、光!! キミは一人じゃないよ!!

光:アリーナ!? ・・・うん、ありがとう!!

光を励ますように戦列に加わったアリーナは、一気に闘気を開放する。

mugen00747.png

mugen00748.png

mugen00749.png

mugen00750.png

mugen00751.png

ショーグンの斬撃をかわし、一気に懐に飛び込む光。
魔法力を剣に乗せ、グラドリエルとショーグンを引き離す。

戦いは、光vsグラドリエル、アリーナvsショーグンの形となった。

しかし、それも束の間、一瞬の隙を突いたグラドリエルが、重い斬撃を
光に叩き込む。

対するアリーナとショーグンは、持ち前のスピードを生かし、一進一退の
攻防を続けた。

・・・が、次第に間合いを詰められた二人は、挟撃される形になってしまった。

振り下ろされるグラドリエルの必殺の一撃。

予想を上回る驚異の威力に、少しずつ体力を削られていく二人。
よもや、決着はつくかと思われた。

アリーナ:私は・・・最後まであきらめない!!

光:炎の・・・矢ぁぁぁ~~~~~!!!!

アリーナの捨て身の一撃に呼応するかの様に、光の渾身の魔法がさく裂した。

紅蓮の炎は、グラドリエルとショーグンを包み込み、天を焦がす。
最後まで勝負を捨てなかった光達に軍配は上がったのだった。


飛竜子:(・・・二人ともやるな。) 助太刀するぞ、ルキア。

ルキア:すまぬ・・・!

光達の活躍を横目で見ながら、飛竜子がルキアに加勢する。

飛竜子の前に、幼い幼女とパーカー姿の少女が現れる。

飛竜子:・・・このような形で、また相見えるとは・・・な。

飛竜子が、静かにつぶやく。

ふぶき?:ふっかつのじゅもんが・・・まちがってた。

奈優?:体重が・・・体重が・・・。

ルキア:な・・・なんなのだ。 この鬼気迫る様子は・・・!?

飛竜子:・・・今は、戦いに集中しろルキア。

ルキア:う・・・うむ。

揺らめくように影は襲ってきた。

mugen00752.png

mugen00753.png

mugen00754.png

mugen00755.png

mugen00756.png

飛竜子のサイファーが煌めくと、ふぶき達の身体は宙に舞った。
追撃を仕掛ける飛竜子だったが、体重の重い奈優には、
思った通りの空中コンボが入らない。

奈優:太ってないもん~!!

奈優の怒りの連続蹴り。

ルキア:くっ・・・! 狙いが定まらない!!

ちょこまか動く素早い二人に、技がなかなか当たらないルキア。

そんなルキアの隙を奈優のスクリューアッパーが襲う。

飛竜子:・・・ならば、その動き、止めるまでっ!!

飛竜子のラグナログが、ふぶきの体を捉える。

ルキア:合わせて参る・・・! 初の舞・・・月白!!

空中に拘束されたふぶきに、ルキアの必殺の一撃が追い打ちとなって
突き刺さる。

迎撃のスクリューアッパーを放った奈優だったが、相乗効果で威力を増した
二人の合体超必殺技の前にかき消され、そのまま倒されてしまうのだった。



バシュ・・・!

救出される4人。
・・・と同時に、結界内が大きく振動したかと思うと、肉塊が胎動を繰り返し、
目の前に大きな異界の穴が二つ出現したのだった。

【現在の救助人数 11】
【メンバー総数 13】

to be continued・・・
web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://puppukukoubou.blog.fc2.com/tb.php/323-d617db95

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>