ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

フラグ立った~。

管理人のつづらです。

あれから、ずっとおまけ作成に明け暮れていましたが、
ついに、AIへの一通りの添付が終了しました~!><
(・・・地味に長かったです~;)

あとは、一通りAIを見返して、違和感・バグ等が無ければ、
公開に踏み切る事が出来ます。

知識のフィードバックが主といえ、不具合や記述ミスが
結構、見つかって大変でした・・・;
(ちょっと、酷い記述ミスがあったのは内緒・・・。)

なにはともあれ、山場を越えた感じですね。
(私、このアップデートが終わったら、溜め込んだゲーム心ゆくまでやるんだ…。)

なお、AI公開と同時に、ブログでイベントを開催したいと思っています♪
ちょっとしたプレゼントも考えているので、皆さん、どしどし参加して下さいね~。


気分転換も兼ねて、最近公開された素敵なキャラを紹介したいと思います~。

まずは、剣野光(massさん製作)とワンダーモモ(Jaldabaothさん製作)
mugen00039

どちらも、旧ゲームユーザーには懐かしすぎるキャラですね♪
まさか、この二人がMUGENで戦う日が来るとは・・・。

massさんの光は、当時のグラフィックを再現しつつ、突進・飛び道具・
対空と三種の神器を搭載したバランスの取れたキャラになっています。

無敵やガードキャンセル可能なダッシュも搭載されているので、
相手の攻撃に割り込んで攻撃をする事が可能です。
(懐かしいイントロも必見ですよ。)

Jaldabaothさんのワンダーモモは、ナムカプを基準に製作された
リアル頭身のD4キャラです。
元キャラのドットを使用したものは、すでに公開されているのですが、
1からグラフィックを描き起こした愛溢れるキャラになっています。

現在、β版という事で、通常必殺技しか搭載されていませんが、
今後、さらに完成度が上がるという事で、とても楽しみです♪
期待大ですね。

次に、鹿目まどか(わりばしさん製作)とキシン流さやか(はしぶとがらすさん製作)
あ~んど、鹿目まどか(HALさん製作) ※小さい方
mugen00040

まどかは、現在2種類公開されています。(大っきいのと小っちゃいの。)

わりばしさんのまどかは、手描きで作られたリアル頭身版です。
弓矢をメイン武器にしているので、接近戦は苦手かと思いきや
奇襲技、連続技、キャンセル技と搭載されている技も豊富なので、
十分に渡りあう事が可能です。(デフォルトAIも搭載されています。)

HALさんのまどかは、デフォルメタイプです。
可愛いもの好きの私には、一撃昇天ものなのですが(笑)、
搭載されている技は、使いこなせば凶悪な性能を誇るどれもこれも
強力なものとなっています。

中でも、発動後、無数の矢を天から降り注ぐ魔法攻撃は、
このキャラを使用する上でのポイントとなるでしょう。
(まどかさん、まじまどかさん。)

余談ですが、某ロダには神キャラ化されたまどかさんもいたりします。

はしぶとがらすさんのさやかは、悪魔城ドラキュラ風に製作された
2Dドット風のキャラです。

ドラキュラのシステムを元に、それを上手くさやかの動きにアレンジして
搭載してあり、見た目とは裏腹にとても奥の深い面白いキャラクターに
なっています。

さらに、お友達として様々なキャラを呼び出す事が可能となっています。
一人でなんか、戦わせるものか・・・!

見た目は旧ドットに見えますが、物凄く作りこまれたキャラになっているので、
ぜひ、使ってみて下さいね~。
(余談ですが、某さやかをゲット出来なかったのは内緒・・・。)

最後は、紅尾ゆうり(一六四さん製作)とD4霞(akkinさん製作)
mugen00041

どちらも、素晴らしい出来となっています。

一六四さんのゆうりは地上戦をメインとしているので、
技の派手さはありませんが、どの技も徹底的に研究されていて
物凄く、理にかなった動きをします。

超絶に描き込まれたグラフィックの影響もあって、存在感が凄いです。
(さすが、絵師は格が違った・・・。)

akkinさんのかすみは、以前製作されたものをD4化したものです。
以前から完成度は高かったのですが、D4化された事により、
細かい表情や技の演出がさらに素晴らしいものになっています。

技それぞれの再現度も素晴らしく、デッドオアアライブをやり込んだ
私でも、違和感無く操作する事が出来ました。

若干、おパンツゲーになっていますが、元ゲーからして同じなので
気にしちゃダメです。(笑)

個人的には、レイファンとか使ってみたいですが、言いだしっぺの
法則になってしまうので、自重・・・。

では~。
web拍手 by FC2

| mugen | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://puppukukoubou.blog.fc2.com/tb.php/26-9c49c936

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。