ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

つづら杯本戦トーナメント3位決定戦・前編

こんにちは、管理人のつづらです。

本戦トーナメントもいよいよ大詰め・・・。
激闘の果てに残った数名ですが、ここからは、ちょっと趣向を変えて、
ストーリー仕立てのバトル、3位決定戦をお楽しみ下さい♪

ついに牙を剥くオーガスト。
標的は…、そして消えたリムルル達の行方は・・・?
少しずつ紡がれる断片の行き着く果ては・・・。

へっぽこストーリーもいよいよ佳境です!



【メディカルセンター】

アネル:・・・お前もうすうす気付いていただろうが、あの子はこの時代の
     人間ではない・・・。

周囲のざわめきをよそに、一人うなづくナコルル。

ナコルル:・・・やはり、そうでしたか。 あるはずの無いもう一本のチチウシ。
      あの子はやはり、私の知るリムルルとは違う存在だったのですね。

アネル:ああ・・・、そうだ。 正確には、お前の存在しない、もう一つの未来。
     こことは別の世界、次元からやってきた存在だ。

ナコルル:・・・・・・・・・・・・・・・。

アネル:・・・その世界では、お前はもういない。 世界を覆う闇を打ち払う為に
     お前はその身を挺して、世界を救った。 文字通り、身代わりとなってな。

リアフィーユ:そ、そんな・・・! ナコルルさんが・・・!

ハガネ:・・・・・・・・・・・・・・・。

アネル:・・・あの子は、全てを見ていた。 闇との戦いも、その後、起こった
     悲劇も。 世界はふたたび平和を取り戻したが、あの子は大切な
     ものを目の前で失ってしまった・・・。 声を失ったのもその時だという・・・。

リアフィーユ:・・・大切なものをみんな、みんな失っちゃったんだね・・・。

リアフィーユの肩が震える。

アネル:・・・そして、あの子は心を閉ざした。 いや、全てのものを否定した・・・と
     言ってもいいかもしれない。 姉を奪った世界も・・・、忘れた世界も。

ハガネ:平和の代償・・・か。

外を見つめながらハガネがぽつりとつぶやく。

アネル:・・・正直、あの子がエントリーしてきた時、私も驚いた。 まさか、
     通常なら存在しない筈の人間から、参加希望があるとは思っても
     いなかったからな。

リアフィーユ:・・・つまり、どういう事???

リアフィーユの頭にはてなマークが浮かぶ。

ハガネ:・・・よーするに、こっちにはもうリムルルがいるのに、もう一人、
     増えちまったって事さ。 ナコルルがいたら、存在しないはずの
     人間がな。

リアフィーユ:???

ナコルル:・・・時間の逆説、というものですね。

アネル:ああ・・・、そうだ。 だから、お前がこの世界にいる限り、あの
     リムルルは、現れるはずがなかったのだが。

ハガネ:・・・だが、現れた。

アネル:そうだ。 本来なら、会えばすぐに存在はかき消されるはず…。
     だが、それでもあの子は、この世界に現れた。 一人の人間と
     してな。

ナコルル:・・・・・・・・・・・・・・・。

アネル:・・・安全を期して、あの子の素性はなるべく公表せず、姉である
     お前との接近も最小限にさせてもらった。 消滅の危機を回避
     するためにな。

ナコルル:・・・そう・・・だったのですか。

アネル:消滅の可能性・・・、それについてもあの子に一番初めに伝えた。
     お前と会えば、すぐにでも存在が消えてしまうとな。 ・・・にも
     かかわらず、あの子はお前と会う事を切望した。

ナコルル:・・・・・・・・・・・・・・・。

アネル:よっぽど、お前に伝えたい事があったんだろうな・・・。

言葉を失う皆。

ナコルル:アネルさん・・・、私!

???:・・・お話し中失礼します。

割って入る静かな声があった。



【路地裏】

町はずれの路地裏を孫策は一人歩いていた。
陽も大分傾き、辺りはほとんど人影もない。
まさに襲ってくれと言わんばかりの場所だが、孫策は一向に気に留める
気配は無い。

・・・不意に、目の前の空間が歪み、闇から一人の人間、少女が姿を現す。

???:こんな人の気配も無いような場所を歩くなんて、よっぽど襲われたい
     らしいわね♪

孫策:・・・やっぱり現れたわね。 探す手間が省けて助かったよ。

???:ふ~ん、誘ってたってわけね。 ・・・ただのバトル馬鹿じゃなかった
     みたいね。

孫策:・・・あんたが、このところ横行してる辻斬りだね。 大分腕の立つ奴だと
    聞いていたけど、まさか、あんただったなんてね・・・。 オーガスト!!

姿が徐々にくっきりとする。
現れたのは、オーガストだった。

オーガスト:・・・くすっ♪ 自分から、虎穴に入ってくるなんて、あなたもよっぽどの
       馬鹿なのね。 ・・・で、あなたも私を邪魔したいのかしら?

孫策:あんたの目的なんかには、興味はないよ。 ・・・ただ、強い奴がいる。
    それだけで十分さ! どっちが強いか、はっきりさせよう!

オーガスト:ふふ・・・、分かりやすくていいわね、あなた♪ こちらとしても
       望むところ。 もらうわよ、あなたの力。

闘気がはじけ飛んだ!

mugen00636.png

mugen00637.png

mugen00638.png

mugen00639.png

mugen00640.png

荒れ狂う炎。
先制の一撃を与えたのは、オーガスト。
紅蓮の熱が孫策の肌を焼く。

孫策:くっ・・・!

その炎の中、ひるまず拳を固める孫策。
気合と共に、神速の一閃がオーガストに飛ぶ!

オーガスト:ふふふ・・・、いいわ、いいわね、あなた!
       わたしを・・・、わたしを壊してみせて!

オーガストの異様な闘気を払うかのように繰り出す一撃。
だが、それは、オーガストの誘いだった。

オーガスト:かかったわね・・・!

孫策:!?

オーガストの掲げた掌より、異様な気が膨らむ。

孫策:(う・・・、動けない!?)

オーガスト:あなたの龍、もらうわよ…。

孫策:うわああああああ~~~~~~!!!!

孫策の意識が飛んだ・・・。


【路地裏2】

星彩:何奴・・・!

疾風の如き速さで駆け付ける星彩。
もはや、日課となっていた夜間見回りの最中での叫び声に、胸騒ぎを感じ、
駆け付けたのだった・・・。

星彩:貴様は・・・!

オーガスト:・・・あれれ、見つかっちゃったか。 本当に真面目な人ね。
       あきれるくらいに・・・。

星彩:ここで、なにをしている・・・。 !? そ、孫策!

倒れている孫策を見つけ、言葉を失う星彩。

星彩:き・・・貴様・・・! 武人としての誇りは無いのか・・・! 恥を知れ!
    恥を・・・!!

激高する星彩。

オーガスト:あらぁ~、なにを勘違いしてるのかしら? これは勝負よ、
       正々堂々としたね♪ それとも、そんな事も分からないくらい、
       頭が青銅なのかしら・・・。(笑)

星彩:だまれ、外道~!!!

覇気を纏い、オーガストに斬りかかる星彩。

mugen00641.png

mugen00642.png

mugen00643.png

mugen00644.png

mugen00645.png

覇気を纏い、斬りかかる星彩だったが、オーガストは余裕をもって、
するりとかわす。

星彩:な・・・!?

オーガスト:うふふ・・・。

背後に回ったオーガストの強烈な業火!

星彩:くっ・・・!

何とか踏みとどまった星彩は、槍先で炎を断ち切る。

オーガスト:へぇ~、そんな事も出来るんだ。 じゃあ、これは?

掌を地面に当てると、無数の氷塊が華のように展開する!

星彩:ぐっ・・・!!

オーガスト:あははは! まだよ、まだだよ! 次は・・・死ぬかもね!

爆炎による更なる追撃を加えるオーガスト。
その顔は狂気に歪んでいた。

星彩:・・・負けられない! 負けられぬのだ、私は・・・! 外道なるものに
    外道なるものになど、わたしはぁ~~~~!!!!!

気合と共に、星彩の体が光を発する!

真・無双乱舞!!

聖なる炎を纏った神速の槍撃が、オーガストの放った爆炎を粉微塵と化し、
無数の斬撃を刻み込む。

オーガスト:ち・・・、ちぃぃぃ~~~!! ・・・どうやら、ここまでの様ね。
       それじゃ、またね、武人さん♪

星彩:くっ・・・、ま、まて、まだ勝負は・・・!

片膝を付く星彩。

オーガスト:あははは、そこに倒れてる娘。 早く手当しないと危ないかもね~♪
       じゃあね・・・!

再び、闇へと消えるオーガスト。

星彩:く・・・。 はやく、伝えねば・・・。 うっ・・・。

朦朧とする意識の中、駆け付ける誰かの足音を聞いた。
web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://puppukukoubou.blog.fc2.com/tb.php/220-69439928

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。