ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

つづら杯本戦トーナメント2回戦第1試合

こんにちは、管理人のつづらです。

最近、妙にプライベートが忙しくなってしまい、更新ペースが
乱れがちではありますが、なんとか整えていきたいと思っていますので、
よろしくお願いします。

さてさて、ついにつづら杯も2回戦突入です!
ベスト8へと勝ち進んできた選手達の中で、栄えあるベスト4へと
進んでいくのは一体誰なのか・・・?

熱戦の模様をぜひぜひその目で見てあげて下さいね!
それでは、スタートです♪



【メディカルセンター治療室前】

トーナメント1回戦終了後、大会会場に隣接するメディカルセンター治療室前に
ナコルルは静かに立っていた・・・。

メディカルセンター。
ここは大会期間中、出場選手全員の健康管理や試合での怪我のケアに
あたる特殊医療施設である。

24時間体制で、選手のバックアップを行うこの施設には、一流のスタッフが
常時スタンバイしていた。

静かに横たわるリムルルの姿をガラス越しに見つめながら、ナコルルは
不安とも安堵とも取れぬ表情を浮かべる・・・。

幸い、命に別状はなく、軽い凍傷と火傷で済んではいたが、リムルルの意識は
いまだ戻らず、数時間、眠り続けていた。

アネル:・・・どうだ、リムルルの様子は?

ナコルル:アネルさん・・・。

不意に声をかけられ、ナコルルは振り返る。

ナコルル:・・・命に別状はありません。 ただ、お医者さんのお話だと、精神的に
      ひどく弱まっている状態だとか・・・。 意識が戻らないのもそのせいだ
      そうです・・・。

アネル:・・・そうか。

・・・以前、リムルルがナコルルの前から忽然と姿を消した際、度重なる捜索にも
関わらず、一向に行方が分からない事があった。

幸い、本戦直前に姿を見せた事もあって、それ以上の詮索はされなかったが、
初対面の時とは明らかに違う違和感をナコルルは感じていた。

怒り・憎しみ・悲しみ・・・。
そういった全ての負の感情を瞳に宿したあの姿は、父を亡くしたかつての自分
そのものだった。

ナコルル:・・・・・・・・・・・・・・・。
      アネルさん・・・、この子は一体何故、こんなにも傷付きながらも、
      戦い続けていたのでしょうか?

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。

ナコルル:・・・この子の戦いは、まるで自分を傷つけているよう。
      その怒りも、悲しみも・・・向けられるべきは私のはずなのに・・・!

アネル:!? ・・・気付いていたのか、ナコルル。

ナコルルの思いがけぬ言葉に驚くアネル。

ナコルル:・・・はい。 この子が私の前に現れた時から・・・。 ううん、あの宝刀、
      チチウシを見た時から・・・。

宝刀チチウシ。
それは、アイヌの戦士の証であると同時に、一子相伝の如く【選ばれたもの一人】
にしか、所持は許されていなかった・・・。

ナコルル:おそらく、この子の世界では・・・もう・・・。

じっと自分の宝刀チチウシを見るナコルル。

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。
     ・・・リムルルの戦いは、すべてその目で見てきたな?

ナコルル:・・・はい。

アネル:・・・以前、ある目的の為にこの娘がエントリーした事を話した事があったが、
     試合で見せた一挙手一投足は、全て・・・、お前へのメッセージだ・・・!
     言葉の話せない、あの娘自身のな・・・。

ナコルル:!?

アネル:・・・今はまだ、全てを話す事は出来ない。
     だが、それでも、最後までこの娘を見てやって欲しい・・・。
     それがこの娘の・・・願いだ。

アネルの言葉に、静かにうなずくナコルル。
その瞳には、静かな強い光が宿っていた・・・。



【2回戦Aブロック第1試合】

ナコルル:・・・皆さん、こんにちは。 司会のナコルルです。

アネル:解説のアネルだ・・・。

ナコルル:いよいよ、トーナメントも2回戦へと突入しました。
      アネルさん、ついにベスト8が揃いましたね!

アネル:うむ・・・、そうだな。 どの選手も厳しい予選を勝ち抜いてきただけに、
     皆、素晴らしい熱戦を繰り広げてくれた。 惜しくも敗れてしまった者も
     いるが、誰が勝ってもおかしくないだけに、2回戦も1回戦以上の接戦が
     期待出来るだろう・・・。 練磨した力、ぜひその目で見届けて欲しい!

ナコルル:・・・実力が拮抗しているだけに、これからどんな素晴らしい試合が
      見られるか、私も楽しみです! それでは、さっそく2回戦第1試合を
      お送りしたいと思います。 アネルさん、解説お願い致します。

アネル:・・・今回、最初に対戦するのは、ソードマンとの熱戦を制し、勝ち上がって
     きた川崎忍と強大な力を存分に見せて、試合を制してきたオーガストの
     二人だ。 どちらも連続技とカウンターを得意とするだけに、いかに最初の
     一撃を叩きこむかが鍵となってくるだろう。 虚と実、試合での駆け引き、
     運を己に引き込んだ方が試合を握る。 一瞬の隙が大ダメージを招くだけ
     に、最後まで気の抜けぬ攻防が続くだろう。 良戦に期待する!

ナコルル:なるほど、最後まで見逃せない試合となりそうですね。
      ・・・それでは、2回戦第1試合、開始です!

リング上、向かい合う忍とオーガスト。
バチバチと闘志を飛ばす忍に対し、オーガストは静かな微笑みを浮かべ、
帽子に手を当てる。

忍:・・・おめぇ、強ぇな! 祭りの相手に最適だぜ!
  おめぇに勝って俺は、俺の強さを証明してやる!

オーガスト:くすっ・・・。 虫って火の傍に近づきたがるよね・・・。
       興味も度を超すと、己を滅ぼす事、教えてあげる・・・。

間髪入れず、ゴングが鳴り響いた。

mugen00568.png

mugen00569.png

mugen00570.png

mugen00571.png

mugen00572.png

アネル:試合序盤、忍はオーガストの一瞬の隙を突き、下段からの連続技を
     叩きこみ大ダメージを与える! しかし、これで本気になったオーガスト
     は、カウンター中心の戦法に切り替え、忍のあらゆる隙にカウンターを
     合わせ、一気に差を縮める。 お互いに一歩も引かぬ、刺しつ刺されつ
     の刹那の攻防が続き、試合は一対一の3本目へと突入した。 これが
     最後と猛攻を繰り広げる忍だったが、忍の一瞬の隙を見逃さなかった
     オーガストはついにMAX技「穢れ無き光齎す者」を発動する! 全て
     の力を吸い取られた忍は、静かにリングに倒れるのだった・・・。

ナコルル:す・・・、すごい・・・。 あ、あれが、オーガストさんの実力・・・。

アネル:・・・互いに一歩も譲らない、激しい試合だったな。 牽制からの連続技、
     カウンター。 どちらも負けず劣らずの素晴らしいものだったが、回避、
     そして高性能の必殺技を持つオーガストに軍配が上がったようだ・・・。
     立ち回り的には、決して負けてはいなかったのだが、やはり最後は、
     強力なゲージ技によって、一気に押しきられてしまったようだ。
     おそるべしは、オーガストのポテンシャルとセンスか・・・。

ナコルル:息詰まる熱戦を制したのは、オーガストさんでした。 ・・・残念ながら、
      忍さんはこれにて敗退です。 しかしながら、これまで見せてくれた
      数々の名勝負、忘れません・・・。 本当にありがとうございました。
      そして、勝利したオーガストさんも・・・、準々決勝、頑張って下さい。

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。


【2回戦Bブロック第1試合】

ナコルル:・・・続いて、2回戦Bブロック第1試合の模様です。
       アネルさん、よろしくお願いします。

アネル:・・・今回対戦するのは、その圧倒的防御力とカウンターで試合を
     制してきたキュアブロッサムと旧キャラでありながら、その強力な
     ブロッキングとカウンターで数々の強豪に打ち勝ってきたナウシカだ。
     どちらも、防御技からのカウンター連続技を得意とするだけに、技を
     差し込むタイミング、攻守の切り替えを見極める目が必要だろうな。
     安易な技振りは、相手の思う壺となる。 細心の注意が必要となる
     だろう・・・。 そして、忘れてはいけないのが、お互いが持つ強力な
     ゲージ技だ。 互いに一撃必殺の威力を持つだけに、その技を
     いかに上手く当てるかも、勝負の分かれ目となるだろうな・・・。
     シールドとブロッキング。 二手に分かれた攻防一体の防御技の
     どちらに軍配が上がるか? 興味深い所でもあるな・・・。

ナコルル:シールドとブロッキング、そのどちらが優れているのか、
      注目の一戦です! それでは、試合開始です!

リング上、頬に風を受けながら、静かに佇むナウシカ。
対して、少し緊張気味のキュアブロッサム。

ナウシカ:・・・あなたからは、優しく穏やかな・・・温かい風を感じます。
      いい試合にしましょうね!

キュアブロッサム(緊張):は、はひ・・・! よ・・・、よろしくお願いします!><

何度も頭を下げるブロッサムを見ながら、ナウシカは静かに微笑んだ。

mugen00573.png

mugen00574.png

mugen00575.png

mugen00576.png

mugen00577.png

アネル:試合序盤、ブロッサムの機先を制し、メーヴェでの攻撃を仕掛ける
     ナウシカ。 しかし、ブロッサムはこれを冷静にブロッキングで対処し、
     逆に反撃を仕掛ける。 相手の攻撃を逆手に取った攻防が続いたが、
     ゲージを徐々に貯めたブロッサムがここでプリキュアパッショナート
     ハーモニーを発動! 一気に1本目を勝ち取る。 迎えた2本目。
     ブロッサムの目まぐるしい攻撃と堅固なシールドに攻めあぐんでいた
     ナウシカだったが、ついに王蟲を召喚! ブロッサムの体力の半分を
     一気に奪う! しかし、クリティカルヒットしたのも束の間、ナウシカの
     一瞬の隙を突いた連続技からの超必殺技プリキュアピンクフォルテ
     ウェーブにより、堅固な防御戦に幕を下ろした!

ナコルル:お互いの長所を生かした素晴らしい試合でした!

アネル:・・・そうだな。 シールドとブロッキング。 どちらも洗練された防御技を
     持っているだけに、攻防どちらも見どころのある良い試合だったな・・・。
     性能的には申し分ないものだったが、やはり上下段全てを防ぎきる事
     の出来るキュアブロッサムのシールドに今回は軍配が上がったようだ。
     壁際での強力な連続技に持ち込みたかった所だが、キュアブロッサムの
     機動力と目まぐるしい連続技に、今一歩、攻めきれなかった感があるな。
     しかし、負けはしたが、その圧倒的な受け身狩りコンボと王蟲の威力は
     皆の心に刻まれたはずだ・・・。 旧キャラであろうと人の心に残る試合は
     出来る。 その事をあらためて感じさせられたな・・・。

ナコルル:・・・そうですね。 ナウシカさん、今まで本当にありがとうございました。
      あなたの優しさと想い、忘れません。(受け身狩りも・・・。) そして、見事
      勝利されたキュアブロッサムさん。 準々決勝も頑張って下さい!

アネル:これにて、本日の試合は終了だ・・・。 次回は、2回戦第2試合の模様を
     お送りする。 また、お付き合い頂ければ幸いだ。

ナコルル:本日の結果は、下記の電光けーじ版でお確かめ下さい。
      ・・・それでは、ごきげんよう!

本戦トーナメント表7
web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://puppukukoubou.blog.fc2.com/tb.php/195-7b4c297b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。