ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本戦エントリー選手紹介7

こんにちは、管理人のつづらです。

PCの引き継ぎやなにやらで、大分遅くなってしまいましたが、
なんとか、メール環境を整える事が出来ました♪

アドレス等も変わっていないので、今まで通り連絡が可能です。
色々とご迷惑をおかけしましたが、MUGEN関係者各位の方は、
今後とも、よろしくお願い致します。

…ただ、とある部員のアドレス関係がPCの引き継ぎの影響で、
サラダバー状態なので、一度、連絡をもらえたら嬉しいです。><(ちらっ…。)

こほん…、プライベートな連絡も済んだので、今日は第7回の
本戦エントリー選手紹介をしたいと思います。

選手紹介も残すところ、あと2回。
それが終われば、いよいよ本戦の開始です!

ではでは、間劇の始まり始まり~。



【大会本部控室】

アネル:ナコルル…、大丈夫か?

ナコルル:……………………。

俯くナコルルにアネルが声をかける。

あの後、何とかリムルルともう一度、コンタクトを取ろうと試みた
ナコルルだったが、リムルルの所在は一向に分からなかった…。

ナコルル:リムルル…。

アネル:…良かれと思ってやった事が、かえって裏目に出てしまったな。
     すまない…。

謝罪するアネル。

ナコルル:…いいえ、そんな。 確かに、リムルルと話が出来なかったのは、
      残念でしたが、それよりもあの時の様子が気になります…。

アネル:…?

ナコルル:…今までは、声に出さずともリムルルの心が、意識が私の心と
      繋がっているのを感じていました。 …でも、昨日は、昨日の
      リムルルからは…。

ナコルルの脳裏に昨日のリムルルの冷たい眼差しが浮かぶ。

ナコルル:…全てを否定するような氷の壁が全身を覆っているようでした。
      今まで感じていたリムルルの心の声が…昨日は全く聞こえて
      きませんでした。 まるで…心を閉ざしてしまったように…。

アネル:……………………。

ナコルル:あれは…過去の…。 父を亡くした頃の私に…そっくりなんです…。
      悲しみに覆い尽くされ、全てを否定していた頃の悲しい私と…。

かつて、ナコルルも大切な父親を亡くしていた…。
その事実を知った時、幼かったナコルルの中に『修羅』が目覚めた。
一瞬とはいえ、生まれた闇。
それは、もう一人の自分を生み出すきっかけともなっていた…。

アネル:ナコルル…。

ナコルル:……今のままでは、あの子はいずれ自分を含めた全てを壊してしまう。
      そうなる前に…早く、早くあの子に会わないと…!

悲痛な面持ちのナコルル。
おそらく、ほとんど睡眠もとってないのだろう。
疲労と焦燥で、ぼろぼろの姿にアネルは何とも言えない気持ちになった。

アネル:…以前も言ったが、あの子はある『目的』の為にこの大会に参加している。
     …お前があの子の事を想っている限り、繋がりは決して絶たれないだろう。     
     警護班も全力でリムルルの所在は探している。 だから、お前は…、
     今、出来る事を信じてやるんだ…。

多くは語らないアネルだったが、その言葉からは多くの事が伝わってきた。

ナコルル:アネルさん…。

アネル:…時間だな。 行こう。



【本戦エントリー選手紹介7】

選手紹介16

ナコルル:こんにちは、司会のナコルルです。

アネル:解説のアネルだ…。

ナコルル:…選手紹介も第7回目。 残す所、あとわずかとなりました。
      それぞれの選手がそれぞれの想いを抱いて臨んだ試合。
      その栄光の軌跡…、確かめて下さいね。

アネル:今日紹介するのは、Gブロックの通過者であるリアフィーユと
     Q-beeの二人だ。 特別試合を行った事も記憶に新しいだろう。
     まさに熱い激戦だった…。 まず、一人目のリアフィーユだが、
     ゆっくリアフィーユシステム(以降YLS)による強力な連続技と
     設置技による固めが安定した強さを引き出しているな。 要所、
     要所で繰り出すMAX技「ダイヤモンドダスト」も戦いの決め手と
     なる事が多い。 本戦でも、この辺りがカギとなってくるだろう。
     そして、Q-bee。 一撃離脱の空中殺法。 上中下段にめまぐるしく
     切り替わる攻撃、投げなど、はまると強力な攻めを展開するのが
     特徴だ。 大物食いもけっして夢ではない。 本戦での健闘を
     期待したいところだ。

ナコルル:そうですね、予選での戦いが素晴らしかっただけに、本戦でも
      ご活躍を期待したいところですね! …それでは、さっそく
      リアフィーユさんに登場していただきましょう! どうぞ~!

ファンファーレとともに、会場に入場するリアフィーユ。

リアフィーユ:こんにちは~☆

途端に起こる大歓声。
予選を通じて、多くのファンが出来たようだった。

ナコルル:こんにちは、すごい大歓声ですね♪  一生懸命に戦われる姿に、
      心打たれた方も多かったようです。 長く辛い戦いが続いたかと
      思いますが、そんな激戦を制した今の感想を一言、お願いします。

リアフィーユ:えへへ~、ありがとう~♪ 予選は本当に大変だったけど、
        勝てて本当に嬉しかったよ~☆ …特別試合では、負けそうな
        気持ちになった事もあったけど、最後まで自分を信じて戦う事が
        勝利に繋がったんだと思うんだ!

ナコルル:なるほど、最後まで自分を信じて戦い抜いた事が勝利に繋がったの
      ですね。 …あの素晴らしい激戦は、いまだに私の心にも残っています。
      そういえば、様々な氷系の攻撃をお使いになられていますが、あれは、
      ご自分で習得されたものなのですか?

リアフィーユ:あ…、う、うん。 基本的な能力は前にいた所で身に付けたんだけど、
        細かい技は、アネルやハガネと一緒に練習して覚えた技なんだよ♪
        もっとも、私って攻撃するのはあまり得意じゃないから、あくまで
        護身術に近いものだけどね…。

ナコルル:あの多彩なバリエーションの技は、努力の賜物というわけですね!
      …聞くところによると、リアフィーユさんはアネルさん達とご一緒に
      暮らしていらっしゃるとの事ですが?

リアフィーユ:あ、そうなの~! 二人とも全然料理とか出来ないから、私一人が
        家事とかやって大変なんだ~。>< …まったく、少しぐらいは
        女の子っぽい事もすればいいのにね~。(笑) この大会に出場
        したのも、半分は家計の足しになればいいなぁ…なんて思ったから
        なんだ☆

アネル:ごほん…!

急に内情をぺらぺらと話し出したリアフィーユに咳払いをするアネル。
心なしか、視線が痛い。

ナコルル:あはは…。 それでは、最後に本戦へ向けての意気込みなどが
      ありましたら、お願いします。

リアフィーユ:は~い! まだまだ、力は足りないかもしれないけれど、私に出来る
        精一杯の力で一生懸命、戦うねっ☆ 強い人達が沢山いると思うけど、
        最後まであきらめないで頑張ってみるよ! …だから、少しでも応援
        してくれたら、嬉しい…な。

ぺこりとお辞儀するリアフィーユ。
会場からは暖かい拍手が起こる。
その様子をじっと見つめるアネル。

ナコルル:…アネルさんも何か一言どうぞ。

アネル:!? なぜ急に私に振るんだ…?

ナコルル:うふふ…、別に♪

アネル:…ま、まあ、無理せず、頑張れ。

照れ隠しに言葉少なめのアネルを見ながら、にっこり微笑むリアフィーユ。

ナコルル(満足気):…リアフィーユさん、ありがとうございました。
           本戦でのご活躍応援しています。 続いて、
           Q-beeさんの登場です!

ナコルルの紹介とともに、天から舞い降りてくるQ-bee。
空中でくるりととんぼ返りを打ちつつ、光の粒子をばら撒く
その姿は、あたかも航空ショーのワンシーンのようだった。

ナコルル:Q-beeさん、こんにちは。 素敵なパフォーマンスありがとうございます!
      Q-beeさんも、激戦のGブロックを制されたお一人ですが、予選を戦って
      みてどうでしたか?

Q-bee:…ヨセン、オイシイヒトイッパイ、ウレシカッタ。
     デモ、メカハダメ…。 タベレナイ…。

ナコルル:…あ、あはは。 い、色々と楽しんで頂けたようですね…。(汗)
      そ、そういえば、Q-beeさんは魔界の出身だと伺いましたが、
      この大会へはどういった経緯で…?

Q-bee:マカイ…エサスクナイ。 ココ…エサモオスモタクサンイル…。
     ミンナマルゴト、ワタシノモノ…。

ナコルル:………………………。
      (聞かなかった事にしよう。) 
      きゅ、Q-beeさんといえば、華麗な空中戦が印象的ですが、
      Q-beeさんの使われる「蜜蜂モード」とはどんなものなのですか?

Q-bee:ミツバチ…、ソラ、タクサントベル。 ズットズットエイエンニ…。
     デモ、チカヅカナイトタベレナイ…。 ダカラジチョウ…。

ナコルル:そ、そんな強力なモードだったのですか!? こ、これは驚きました。
      確かに空中を自在に飛び回られたのでは攻撃のしようがありませんね。
      良判断に感謝します。 …最後に本戦へ向けての意気込みを。

Q-bee:ワタシ…タベル。 タクサンタクサン。 ユウショウシタラココニ
     オウコクツクル。 ミンナシアワセ。 ワタシモシアワセ。

ナコルル:(え~と…。 やっぱり聞かなかった事に…。失笑)
      Q-beeさん、ありがとうございました。 本戦も(それなりに)頑張って下さいね♪
      それでは、これで第7回目の選手紹介は終了です。

アネル:…次回は第8回目の本戦エントリー選手紹介を行いたいと思う。
     長丁場ではあるが、今後もお付き合い頂ければ幸いだ。

ナコルル:では、次回の放送までさようなら~。
web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://puppukukoubou.blog.fc2.com/tb.php/134-d25d63b9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。