ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

<< 2013-09- | ARCHIVE-SELECT | 2013-11- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

つづら杯本戦組み合わせ発表~!

こんにちは、管理人のつづらです。

一通りの調整も終了したという事で、今日はいよいよ本戦トーナメントの
組み合わせを発表したいと思います♪

抽選王さんを使った結果、なかなか良い具合にばらけた感じがしますので、
今後の参考にして下さい。

加えて、本戦トーナメントのルールや順位決定の仕組みなども
ご説明したいと思いますので、是非一読してみて下さいね。

ではでは、いつもの二人に説明は任せるとして、私は裏方の仕事に戻るとしましょう。(笑)



【本戦会場】

この日、会場は予想以上の人で埋め尽くされていた。

予選の試合の模様が、連日放送された結果、じわりじわりと浸透し始め、
にわかのファンも含め、古参・新参問わず、注目の組み合わせをその目で
見ようと、多数の観客が会場へと押し寄せてきたのだった。

うねりを上げるような熱い熱気の中、ナコルルは少し緊張の面持ちで
会場を見渡す。

ナコルル:・・・・・・・・・・・・・・・。

肩にそっと手をかけるアネル。

ナコルル:アネルさん・・・。

アネル:・・・気にする事はない。 大体本戦開始の日なんてこんなものだ。
     大丈夫、お前はいつも通り、進行すればいい・・・。

多くは語らないが、その目には安心出来る何かがあった。
うなずくナコルル。

アネル:あまり待たせるのも悪い。 そろそろいくぞ。

ナコルル:はい・・・!

一呼吸おいて、ナコルルは一歩踏み出した。



【本戦ルール発表】

ナコルル:みなさん、こんにちは、司会のナコルルです!

アネル:解説のアネルだ・・・。

ナコルル:今日は、沢山のご来場、本当にありがとうございます!
      会場から伝わる熱気に、私も少々戸惑いがちですが、
      頑張って司会したいと思いますので、楽しんでいって下さいね!!

ナコルルの言葉に、湧き上がる歓声。

ナコルル:では、まずは本戦ルールの説明です。
      アネルさん、よろしくお願いします!

アネル:うむ・・・。 では、今回の本戦ルールについて説明しよう。
     今回、採用されたトーナメント形式は、【変則ダブルチルノ方式】だ。

ナコルル:変則・・・ダブルチルノ方式? アネルさん、それは一体?

本戦トーナメントルール1

アネル:まずは、モニターを見てほしい。
     本来のダブルチルノ方式だと、勝者サイド、敗者サイドに分かれて、
     それぞれのトーナメントを行っていくわけだが、様々な理由があり、
     今回は、敗者側を一まとめとして、勝ち抜き戦を行ってもらう事に
     なった。

ナコルル:なるほど、つまり・・・、1回戦で負けてしまった選手にも、入賞の
      チャンスはまだあるという事ですね!

アネル:うむ。 敗者は、敗者カテゴリーと呼ばれる枠に入り、そこで総当たりの
     勝ち抜き戦を行ってもらう。 負けたものは即敗退の厳しいものだが、
     運が良ければ、一度も戦わずに入賞の切符を手に入れる事も可能だ。

本戦トーナメントルール2

ナコルル:実力だけでなく、運によっても勝敗が左右されるのですね。

アネル:そうだ。 ただ、勝者サイド2回戦以降同様、1度でも負ければ
     そこで終了となる。 いくら連勝していようが、負ければそこで
     終わり。 非常にシビアでもあるな・・・。

ナコルル:(ごく・・・。) まさに、実力と運を兼ね備えた者だけが勝利出来る
      訳ですね!

アネル:最終的には、準々決勝敗退者2名とここで勝ち残った者1名を含めた
     計3名で3~5位の順位を決める事になるな。 チャンスは平等に用意
     されているだけに各選手には最後まであきらめずに頑張ってもらいたい!

ナコルル:そうですね。

試合形式

アネル:なお、決勝を含め、全ての試合時間は99秒。 2本先取で行われる。 また、
     試合進行に深刻な支障をきたす場合のみ、再試合が行われる事になっている。

ナコルル:アネルさん、ご説明ありがとうございました。
      ・・・次はいよいよ、トーナメント組み合わせの発表です!!

アネル:・・・括目して見よ!

>> Read More

web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>