ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

つづら杯決勝戦~覚醒編その7~

こんにちは、管理人のつづらです。

熾烈を極める、アネルとオーガストの死闘!!
持てる力の全てをこの戦いへと注ぐ。

はたして、勝つのは、アネルか、オーガストか・・・?

死闘の先の結末とは・・・!?



【大会会場】

戦いは、熾烈を極めていた・・・。

今まで、圧倒的に戦いを制してきたアネルだったが、
オーガストの奥の手、結界生成【ルームデバイス】によって、
状況は、一変してしまった。

先手を取ったはずの攻撃が、全て、後手後手に
回ってしまい、そのことごとくがオーガストのカウンターの
餌食となってしまったのである。

アネル:くっ・・・!

オーガスト:・・・はぁ・・・はぁ・・・!
       ・・・さ、さっきまでの余裕は、どう・・・したんだい、
       アネル・・・! こんな・・・もので、終わりかい・・・?

アネル:・・・・・・・・・まだだっ・・・!

アネルの動きが、加速する。
前後、左右、上下のゆさぶりが、フェイントを伴い、オーガストに
襲い掛かる。

常人のそれを上回る疾風の如き動きで、瞬時にオーガストの
背後を取る。

アネル:はあっ・・・!!

オーガストの頭に打ちおろされる必殺のかかと落とし!

・・・がっ。

オーガスト:・・・甘いよ!

ブ・・・ンンッ・・・!!

アネルの一撃が打ち下ろされる刹那、オーガストの結界生成が
発動する。

ズンッ・・・!!!

アネル:が・・・はっ・・・!

アネルの脇腹に、オーガストの回し蹴りがめり込む。

ザザ~~~~!!

激しい衝撃とともに、アネルが後方に吹き飛ぶ。

アネル:くっ・・・!

アバラがきしむ・・・。

オーガスト:はあ・・・はあ・・・! 言ったろう・・・、
       この・・・結界生成【ルームデバイス】の前では、
       全ての・・・攻撃は、無意味だって・・・!

肩で息をしながら、オーガストが嘯く。

ナコルル:アネルさん・・・!

ナコルルが悲鳴を上げる。
対処不能の事態を目の当たりにし、顔が青ざめる。

ゾディアック:・・・よもや、これほどとはな・・・。
        時を止める・・・、厄介な技だ。
        しかし、それ以上に、アネルのあの動きを察知し、
        当たる寸前に対処するオーガストの勘よ・・・。
        あの強固な攻防一体の技を崩すのは、
        骨が折れるぞ・・・。 アネル、どうする・・・?

冷静に戦いを分析するゾディアック。

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

すっ・・・。

しばらく、片膝をついていたアネルが静かに立ち上がる。
長く息を吐き、呼吸を整える。

アネル:・・・やるな。 ここまでの底力を持っていたとは、
     正直、見直したぞ・・・、オーガスト。

オーガスト:なにを・・・今更・・・!
       言っただろう・・・、この瞬間に・・・全てを
       かけると・・・!!

アネル:・・・ああ、だから、私も本気で行く・・・。
     ここから先は、出し惜しみなしだ・・・。

オーガスト:な・・・に・・・?

mugen00874.png

アネル:はああ・・・・・!!!

アネルの右手に炎が宿る・・・!
それと同時に、全身に闘気が満ちていく。

mugen00875.png

アネル:はあ・・・・っ!!!

ズ・・・オ・・・ッ!!

気合とともに、アネルが右手を払うと、
体内の闘気が一気に膨れ上がり弾ぜた!!

オーガスト:なっ・・・、こ・・・この・・・膨大な気は・・・!?

先ほどまでとは、比べものにならない巨大な闘気の
直撃を受け、オーガストは驚愕する・・・。

オーガスト:くっ・・・、だ、だけど、負けられない・・・!
       あたしは・・・あんたに・・・!

身構えるオーガスト。

アネル:・・・いくぞ。 バースト【覚醒】!!

アネルの体が、地を蹴り、突進する。
身構えるオーガストの横をすり抜け、瞬時に反対側へと
回り込む。

返す踵で、地を蹴り、アネルは、さらに加速する。

アネル:(まだだ・・・、もっと、もっと速く・・・!!)

一速・・・、二速・・・。
ギヤが切り替わるように、アネルの動きは、徐々に
神速の域へと達する。

キィイ・・・ンン・・・!!

耳を裂く、強烈な音圧・・・。

オーガスト:くっ・・・!! いくら、あんたが・・・、
       速くったって・・・!! 時を止めれば・・・!
       結界生・・・、が・・・はっ・・・!?

時間を止めようとしたオーガストであったが、
突然吐血し、膝を吐く・・・。

ナコルル:!?

ブゥ・・・ンン・・・!!

神速へと達したアネルの体は、残像を伴い、
その移動の衝撃で、軌跡には炎が発生した。

炎は、まるで五芒星を描くが如く、オーガストの周囲を
取り囲み、同時にアネルの体は、5つに分身する!!

5方向からの同時攻撃・・・!!

カッ・・・!!!!

mugen00876.png

神速の蹴り上げが直撃し、空中へと打ち上げられる
オーガスト。

シュッ・・・!

間髪入れず、アネルが後を追い、飛び上がる!

mugen00877.png

ズドドドドドッ・・・・・・!
 
一撃・・・、二撃・・・、三撃・・・・!

アネルの見えない連撃が、身動き出来ぬオーガストを襲う。

オーガスト:が・・・はっ・・・!

さらに、天高く吹き飛ばされるオーガスト。

ブウ・・・ンン・・・ッ!!

アネルの体に、不思議な紋様が浮かび上がる。

mugen00878.png

ナコルル:この力は・・・!? アネルさん・・・、だめっ・・・!!

アネル:・・・【ハイ・ラグナレク・エンブリオ】・・・っ!!

オーガストの周りを無数の魔方陣が取り囲み、
時空が歪む・・・!!

ギャギギギギギィ・・・・・・・・・!!!

ブオ・・・ン・・・ン・・・ッ!!!!!

獣の咆哮とも見て取れる、異様な音を発しながら、
魔方陣は回転し、空間を抉る・・・!

ギャ・・・キィ・・・ ィ・・・ンン・・・・・・・・・!!!

一瞬、空間が圧縮されたかと思いきや、一気に爆ぜる。

オーガスト:うあ・・・ああああっ~~~~!!

眩い閃光とともに、オーガストの体は弾け飛んだ・・・!

to be continued・・・
web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

つづら杯決勝戦~覚醒編その6~

【大会会場】

ドサッ・・・!

アネルの強烈な一撃を受け、崩れ落ちるオーガスト。
無言のまま、それを見つめるアネル。

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ブン・・・ッ。

炎を纏った刀を一振りし、残心の構えをとる。

ゾディアック:・・・終わったな。

決着の行方を見届けていたゾディアックが、つぶやく。

すでに、日も傾き始め、崩壊した会場にも、長い影を落とし始めていた。

ナコルル:アネルさん・・・っ!

離れて、二人の戦いを見守っていたナコルルが、アネルに駆け寄ってくる。

アネル:ナコルル・・・。

ナコルル:・・・お怪我は、ありませんか?

アネル:ああ・・・、私は大丈夫だ。

ナコルルの声に応えつつ、倒れたオーガストをじっと見つめるアネル。

ナコルル:・・・かわいそうな人・・・でしたね。
      誰からも必要とされず、自分の居場所さえ見つけられず、
      孤独の闇にとらわれ続けた、悲しい人・・・。
      ただただ、周りを憎み、憎悪をぶつける事でしか、
      自分を保てなかったんですね・・・。

アネル:・・・こいつは、もう一人の私だ。
     私だって、ハガネやリアフィーユに出会っていなかったら、
     きっと・・・。

ナコルル:アネルさん・・・。

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ゾディアック:・・・アネルよ、感傷に浸っている場合ではない。
        今は一刻もはやく、リアフィーユや他の者達を
        助けなければ。 むっ・・・?

身構えるゾディアック。

その視線の先には、満身創痍の状態で、再び立ち上がるオーガストの
姿があった。

ナコルル:!?

アネル:・・・オーガスト。

オーガスト:・・・くっ、まだ・・・だ。 まだ・・・、
       私は・・・、終わっていない・・・!

よろよろと全身を振るわせ、アネルに向かって構えをとるオーガスト。

アネル:・・・よせ。 それ以上やれば、命を落とす事になるぞ・・・。

オーガスト:い・・・、命・・・?
       そ・・・、そんなもの、惜しくも・・・なんともないん・・・だよ。
       かはっ・・・!

吐血し、膝を折るオーガスト。
全身からは、絶え間なく、血が滴り落ちる。

ナコルル:・・・やめて下さい! これ以上戦えば、あなたは・・・っ!

アネル:・・・何故、そこまで、この戦いにこだわる?
     お前にとって、世界は・・・、私は、それほどまでに
     憎むべき存在なのか?

オーガスト:・・・世界なんて、いまさら・・・どうだって・・・いい。
       私にとって・・・、今が・・・、【全て】なんだ・・・。
       ・・・今、・・・この時を逃したら、【次】なんて・・・、
       ないんだよ・・・。 ・・・構えろ、アネルっ・・・!!

鬼気迫る表情で、叫ぶオーガスト。

アネル:・・・分かった。

ナコルル:アネルさん・・・!?

再び、構えを取るアネル。
その目には、決意にも似た意思があった。

アネル:・・・一つだけ、約束しろ。
     この戦いの決着が付いたら、リアフィーユ達の居場所を
     教えると。

アネルの問いに、笑みを浮かべるオーガスト。

オーガスト:上・・・等・・・!

一瞬の間を置き、再び拳を繰り出すオーガスト。
瀕死とは思えぬ、気合の籠った突きではあったが、やはり、
蓄積されたダメージは大きく、アネルは、その拳をたやすくかわす。

オーガスト:くっ・・・!

ふらつきながらも、オーガストは、アネルに向かって、二撃、三撃・・・と
拳を繰り出し続けた・・・。

オーガスト:・・・どう・・・したっ! かわす・・・ばかりじゃ、
       私は・・・、倒せないよ・・・!

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。
     はぁっ!!

アネルの鋭い一撃が、オーガストのみぞおちへと食い込む。

オーガスト:ぐっ・・・、まだ・・・だっ!

激しい痛みに耐えながら、踏み込み、足刀蹴りを繰り出すオーガスト。
・・・が、瞬時に見切ったアネルの肘打ちが腹部へ直撃する。

オーガスト:が・・・はっ!

気迫で、なんとか攻撃を繰り出すも、体力の差は歴然。
戦いは、次第に一方的なものへと変わっていった・・・。

ナコルル:あ・・・、あ・・・、もう、もうやめて下さい!!
      それ以上やったら・・・、オーガストさんはっ・・・!!

止めようとするナコルルをゾディアックが制止する。

ナコルル:!? ゾディアックさん・・・?

ゾディアック:・・・無駄だ。 奴が立ち上がり、闘う意思を見せる限り、
        アネルは、何度でも奴を打ち倒すだろう・・・。
        本気でな・・・。

ナコルル:そんな・・・!? 何故、何故そこまで・・・っ!

涙をにじませ、抗議するナコルル。

ゾディアック:・・・それが、アネルの闘う者としての決意。
        命を賭して向かってくる相手への敬意だからだ。

ナコルル:・・・・・・っ!

それ以上、ナコルルは何も言えなかった。

オーガスト:ぐ・・・はっ・・・!

すでに、何度倒れたか分からない。
それでも、オーガストは、立ち上がり続けた・・・。

朦朧とした意識の中、オーガストの脳裏によぎる過去の記憶。



誰も訪れる事のない暗い部屋。
話しかける者も、興味を抱く者もいない、
永遠ともいえる鳥籠・・・。

生きる意味さえ見つけられなかった・・・。
己の存在する理由さえ見つけられなかった・・・。

ワタシハ・・・、ドウシテ・・・ココニイル・・・?

ダレカ・・・、ワタシヲ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・永遠とも思える時間の中、偶然にも知った、
もう一人の存在・・・【アネル】。

自分と同じ、姿・形・・・【魂】・・・の情報を持ちながら、
自分にはないものを全て持っている存在。

相手を知れば知るほど、自分の存在が、ちっぽけで
みじめなものに見えた・・・。

ナゼ・・・、アイツハ・・・、ワタシト・・・、チガウンダロウ・・・。

ワタシハ・・・、ワタシハ・・・。

次第に広がる黒い感情・・・。
それはいつしか、オーガストの中で、増大し、捻じれ、
何かを壊した・・・。

ハハ・・・、ソウサ・・・。

ミンナ・・・、ミンナ・・・、コワシテシマエバ・・・イイ!

ソウスレバ・・・!!




そう・・・、【壊せ】れば、それでよかった・・・。

その・・・はずだったのに・・・。



ガッ・・・!!!

激しい痛みが、オーガストの意識を現実に戻す。

そうだ、今・・・、私は、【あいつ】と死闘っている・・・!!

たった一つの【目的】としていた、その存在は、今、【自分】だけを
認識し、命をかけた【本気】の拳をぶつけている・・・っ!!

ただ、それだけで、十分だった・・・。

オーガスト:くっ・・・、は、はは・・・。
       今の・・・私・・・じゃ、追いつけ・・・ないか。
       さすが・・・、だね・・・。

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。

オーガスト:・・・確かに・・・今の・・・お前は、・・・強い。
       認めて・・・やるよ。 だけど・・・ねっ!




結界生成【ルームデバイス】・・・っ!!





mugen00871.png




ブ・・・ン・・・ッ!!




アネル:な・・・、な・・・にっ!?




制止する世界【フリージング・ワールド】。




オーガストの動きに合わせ、カウンターを見舞おうとしたアネルの
動きが突如、制止する!

いや・・・、アネルだけではない。
存在する全てのものの動きが停止していた。
ただ、一人を除いては・・・!!

オーガスト:はは・・・、さすがの・・・お前も、う・・・、動け・・・
       ないだろう・・・? これが・・・、私の・・・奥の手さ・・・!!
       全ての・・・動きを・・・、止める秘奥義。
       制止する世界【フリージング・ワールド】。
       もっとも・・・、今の私じゃ・・・、そう長くは止めて
       いられない・・・けどね。

ふらつきながら、拳を構えるオーガスト。

オーガスト:でも・・・、お前を・・・とらえるなら、
       これで、十分・・・さ! はぁ・・・っ!!

mugen00872.png

ミシ・・・ッ!

アネルに響く、鈍い音。


ブ・・・ン・・・ッ。


技が解除されると同時に、アネルの身体を強い衝撃が襲う。

アネル:が・・・はっ!

ゾディアック:!?

ナコルル:アネルさん・・・!?

突如、吹き飛ばされたアネルの姿に、驚愕するナコルルとゾディアック。

一体、何が起こったのか、誰一人、認識する事さえ出来なかった。

アネル:くっ・・・。 一体・・・これは!?

脇腹がズキンと痛む。
今の攻撃で、何本かのアバラに、ヒビが入っていた。

オーガスト:はは・・・、避け・・・られ・・・ないだろう?
       いくら・・・、お前が・・・速かろうが、
       動きさえ・・・止めてしまえば、造作・・・ないよ。

肩で息をしながら、オーガストが嘯く。

ゾディアック:!! ・・・そういう事であったか。

ナコルル:ゾディアックさん・・・?

何かを察したゾディアックに顔を向けるナコルル。

ゾディアック:・・・今まで有利に事を進めていたアネルの動きが
        突然鈍り、奴の攻撃を受けた事も合点がいった。
        奴は、相手の動きを一瞬とはいえ、止める事が
        可能なのだ。 しかも、それは動きだけではない。
        周辺の時間さえ、同時に停止させる事が出来る。
        文字通り、すべての攻撃、衝撃、威力さえな。

ナコルル:そんな・・・!?

ゾディアック:・・・時間にして、おそらく数秒。
        しかし、その停止した状態で、奴だけは、自由に
        行動が可能なのだ。 なすすべなく、アネルが
        攻撃を受けたのもそのせいだろう・・・。
        いくら瀕死の状態とはいえ、相手が停止していれば、
        攻撃を当てる事はたやすい。 よもや、このような
        奥の手を隠し持っていたとは・・・。

ナコルル:時を止める・・・!? そんな・・・、それでは、
      アネルさんは、どうやって戦えばいいのですか・・・!

ゾディアック:・・・今は、アネルの底力を信じるしかない。

ナコルル:アネルさん・・・。

to be continued・・・
web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

つづら杯決勝戦~覚醒編その5~

こんにちは、管理人のつづらです。

己が闇に打ち勝ち、ついに自分を取り戻したアネル。

数多の苦境を乗り越え、友の想いを胸に
再び、宿敵オーガストとの決戦に挑む・・・!

友情によってアネルが手にした新たなる力は、
戦況を切り開く鍵となるか・・・!?

いよいよ、真打、アフターアネルの登場です!!
その力・・・括目せよ!!



【精神世界】

シュウウウウ・・・!

光の粒子と化した炎獣がアネルの体内に吸収される。
変化が収まると、アネルの身体が静かに光沢を放ち始める。

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。
     ・・・なんだか、不思議な感じだ。
     身体は、力で満たされているのに、
     心は、とても穏やかな感じがする・・・。
     今までのざわついた気持ちが、嘘みたいだ・・・。

ナコルル:・・・アネルさん!

戦いの様子を離れて見守っていたナコルルが近づいてくる。

アネル:ナコルル・・・。

涙交じりの笑顔を静かに見つめるアネル。

アネル:・・・お前には、借りが出来たな。
     自分の命も顧みず、私を救ってくれた事・・・、
     私は決して忘れはしない・・・!!
     心から礼を言う・・・!

深々と頭を下げるアネル。

ナコルル:いいえ・・・、いいえ・・・!
      アネルさんが、自分の心を・・・、心にある光を
      信じてくれたからこそ、己を取り戻す事が
      出来たんです。 私だけの力じゃ・・・。

ナコルルが、首を振る。

ナコルル:あなたを救ったのは、お友達であるハガネさん・・・、
      そして、リアフィーユさんの心です。

アネル:ああ・・・、暗闇の中、ずっと・・・励ましてくれる
     友の・・・、仲間の声が聞こえた・・・。
     あの声が聞こえたからこそ、私は戻ってこれたんだ。
     もう・・・忘れない。 友も・・・自分の心も・・・!
     先に戻っていてくれ・・・。 私もすぐ行く・・・。

ナコルル:はい・・・、お待ちしています。
      必ず、現世で・・・!

笑顔を見せながら、静かに消えていくナコルル。
その姿を見送りながら、アネルは再び頭を下げた。

アネル:(ありがとう・・・、ナコルル。)

静かに反転していく世界。



【大会会場】

動きの停止した炎獣をじっと見つめるゾディアックとオーガスト。
その傍に、倒れ伏しているナコルル。

ハガネの乱入により、突如、変貌した炎獣の様子を窺っていた
両者だったが、オーガストが驚きの表情でつぶやく。

オーガスト:あれは、ハガネ・・・?
       ・・・あの結界から、戻ってきた・・・!?
       一体・・・どうやって・・・?

ゾディアック:結界だと・・・? 
        もしや、そこに、他の者らも捕らわれているのか?
        答えろ・・・、オーガスト!

オーガスト:・・・・・・・・・・・・・・・。

カッ・・・!
シュウウウウ・・・!!

突如、炎獣が、まばゆい光に包まれ、光球へと姿を変える。
光球は、じょじょに拡大し、一気に弾け、拡散する。

光に包まれる大会会場。

ゾディアック:むっ・・・、これは!?

オーガスト:ま、まさか・・・!

パアアアアア・・・!!!

まばゆい光が集束すると、そこにアネルの姿が現れた。

ナコルル:うっ・・・。

ほぼ、同時に意識を取り戻すナコルル。

アネル:・・・世話をかけたな、ナコルル。
     ・・・大丈夫か?

ナコルルに手を伸ばし、静かに助け起こすアネル。

ナコルル:はい・・・、よくぞ、お戻り下さいました。

満身創痍ながらも、笑顔を向けるナコルル。

アネル:ああ・・・、ただいま、ナコルル。

ナコルル:お帰りなさい・・・、アネルさん!

それ以上の言葉は、いらなかった・・・。
二人の心を満たされたものが包む。

ゾディアック:アネル、無事であったか・・・!!

無事を確かめあう二人に、声をかけるゾディアック。

アネル:む・・・、お前は、ゾディアック!?
     ほ・・・、本物なのか・・・!?

ゾディアック:・・・当たり前だ。 このような美丈夫が、
        そうそう、いるわけが無かろうが・・・。

髪をかき上げ、ポーズを付けるゾディアック。

アネル:・・・その憎まれ口とイラっとする態度。
     間違いなく、本物だな。 それはそうと・・・。

シュッ・・・!!

ゾディアックの元に一瞬の内に近づくアネル。

オーガスト:(なっ・・・、あの距離を一瞬で・・・。 こいつ・・・!)

ゴンッ・・・!

ゾディアックの頭をどつくアネル。

ゾディアック:ぐっ、い、いきなり、な、なにをするのだ・・・アネル!

アネル:どうしたもこうしたもない・・・!
     全く貴様は、今までどこをほっつき歩いていたのだ!!
     貴様さえいたなら、こんな事には・・・!

何度も、ゾディアックをどつくアネル。
それは、次第に弱々しいものに変わる。

ゾディアック:・・・すまぬ。

アネル:・・・馬鹿者が。

内心、アネルにも分かっていた。
あり得ない程にボロボロになっている姿は、自分がいない間に
必死に、状況を打開しようとしてくれた結果だという事を・・・。

ゾディアック:・・・戻ってこれたのだな。

アネル:・・・ああ。

ゾディアック:それはそうとアネルよ・・・。
        一つ気になる事があるのだが・・・。

アネル:ん・・・、なんだ?

ゾディアック:その・・・、炎獣化していた影響だとは思うのだが・・・、
        その姿は、年頃の娘として、どうかと思うぞ・・・。

ゾディアックが視線を逸らしながら、つぶやく。

それもそのはず、復活したアネルの服は、炎獣化の影響で、
ほぼ全裸に近い状態に、破れていたのだ。

ナコルル:あ、アネルさん・・・っ!!///

慌ててナコルルが、自分の持っていた布でアネルの身体を隠す。

アネル:むぅ・・・。

ゾディアック:・・・心配するな、アネルよ。
        こんな事もあろうかと、余が、お手製の服を
        用意しておいたぞ・・・。 感謝するがよい!

そう言って、ゾディアックが懐から、新品の女性用の服を取り出す。
その服をまじまじと見つめるアネル。

アネル:これは・・・。

ゾディアック:なに、心配はいらぬ。 服の寸法は、寸分たりとも
        狂ってはおらぬ。 お前にピッタリであろう・・・。
        なにせ、余自ら、お前の寝ている間に、寸法を
        しっかりと計っておいたからな、ははは!

ゴンッ・・・!

得意満面に話すゾディアックを再びアネルがどつく。

ゾディアック:な・・・、何をするのだ!!

アネル:うるさい・・・!!
     つっこみ所が多すぎて、対応しきれんわ!!
     そもそも、なぜ、貴様がこんなものを肌身離さず
     持っておるのだ・・・!! この、変態が・・・!!

ゾディアック:た、偶々だ! 偶々・・・!

アネル:本当か・・・?

ジトっとした目で、ゾディアックを見るアネル。

アネル:まあ・・・、他に着るものもないし、一応、
     礼は言っておく・・・。

そっぽを向きながら、ゾディアックに礼をいうアネル。

新たなる服に着替えると、アネルは静かに息を吸い込み
ゆっくりと嘆息する。

黒を基調としたぴったりとしたノースリーブの上着に、
同じく黒で統一されたミニのスカート。
その姿は、凛々しくもあり、爽風を感じさせるものでもあった。

ナコルル:アネルさん、これを・・・。

着替え終わったアネルに、ナコルルが手に持ったナイフと
ブローチを手渡す。

アネル:これは・・・?

ナコルル:・・・ハガネさんから託されたものです。

アネル:・・・そうか。 ありがとう。

アネルは、二つの持ち物をしばらく見つめてから、自分の腰と
胸元に、それらをそっと身に付ける。

ナコルル:あの・・・、アネルさん!

意を決して、何かを伝えようとするナコルル。

アネル:?

ナコルル:・・・リアフィーユさんはともかく、ハガネさんは・・・。

ナコルルの表情が曇る。

そんなナコルルの肩に、そっと手を置くアネル。

アネル:・・・ありがとう。 大丈夫だ。
     その先は言わなくていい・・・。
     たとえ、どんな状況になろうと、私達の心は、
     いつだって、繋がっている・・・。

ナコルル:アネルさん・・・。

涙ぐむナコルル。
静かな笑みをナコルルに向けると、オーガストの方に向き直す。

アネル:・・・またせたな。

オーガスト:・・・茶番は、もういいのかしら?

アネル:・・・ああ。

静かに、答えるアネル。

オーガスト:・・・一応、聞いておくわ。
       負け犬が、一体、何をしに戻ってきたのかしら?

アネル:・・・決まっている。
     お前を止めるためだ。

オーガスト:・・・私を止める?
       ふふ・・・はは、あははははは!
       さんざん、私にフルボッコにされておいて、
       いまさら、何を言っているの?

アネル:・・・勝負は、やってみなければ、分からないさ。

オーガスト:・・・やってみなければ、分からないですって?
       さんざん、私にボコられたというのに、
       まだ、自分の力を信じてるというのかしら?
       あなただって、悟ったんでしょう?
       自分が、何も出来ないちっぽけな存在だって事を・・・?

アネル:・・・確かに、私の力など、たかが知れている。
     やれる事など、限られているだろう・・・。
     だけど、私一人ではどうしようもない事だって、
     仲間がいれば、変えていける・・・!!
     変わっていけるんだ!

オーガスト:【仲間】・・・ねぇ? それこそ、負け犬らしい答えね。
       どうせ、ゾディアック達と組んで、一気に私を
       潰す算段なんでしょ? そうよね、そのぐらいしか、
       あなた達に、対抗策なんてないものね・・・!

嘯くオーガスト。

アネル:・・・いや、お前と闘うのは、私一人だ。

オーガスト:なっ・・・!?

その言葉に、驚きを隠せないオーガスト。
疑いの形相で、ゾディアックを睨む。

ゾディアック:ふっ・・・。 安心しろ、余は、貴様達の闘いに
        水を差すつもりはない・・・。 もっとも、邪魔が
        入るようなら、全力で叩き潰すがな・・・。

倒れているゾディアックのコピーを見下ろしながら、ゾディアックの
目が冷たい殺気を放つ。

オーガスト:・・・・・・・・・っ!

アネル:・・・決着をつけよう、オーガスト。
     もとより、これは私が招いた災厄・・・。
     私がやらなければ、意味がない。
     お前だって納得しないだろう・・・?

アネルが、静かに構えを取る。
殺気すら感じさせぬ自然な構えだったが、そこから発せられる気は
ゾディアックにも匹敵するほどの膨大な覇気を宿していた。

オーガスト:(くっ・・・、こいつ! いつの間に、こんな力を・・・!)

オーガスト:・・・気に食わない! 気に食わない~!!
       お前一人で戦う・・・だと? ちょっとぐらい、
       姿や雰囲気が変わったからって、調子に
       乗ってんじゃねえぞ、この紛い物がぁぁぁ~~!!!
       だったら、今度こそ、完璧にぶっ潰してやるよ、
       アネル!! 絶望の底で後悔して、血反吐、
       吐いてぶっ倒れろぉ~~!!

表情を一変させ、憎しみの感情を爆発させるオーガスト。
そのまま、一気に闘気を開放する!

宿命の対決が、今、始まった!!

>> Read More

web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

つづら杯決勝戦~覚醒編その4~

こんにちは、管理人のつづらです。

深い闇の中、アネルの心に届いた友の想い。

我が身を省みず、差し出されたその想いは、
一筋の光となって、アネルの心を照らす・・・。

・・・大切なものを思い出し、己が心の闇と、
正面から向き合うアネル。

今、真の自分を取り戻す戦いが始まる・・・!!

・・・余談ですが、個人的にアネルのテーマとして
聞いて欲しいBGMが『born legend』!!

ぜひぜひ、脳内再生させつつ、今後の戦いを
見守って下さいね♪
ではでは、スタートです!



【精神世界】

パキィ・・・ンン!
ガラン・・・ガラン・・・ッ!!

最後の鎖がはじけると同時に、アネルを閉じ込めていた
重々しい鉄の格子も、音を立てて崩れ落ちていった。

後悔・・・、怒り・・・、悲しみ・・・、憎しみ。

強力な負の感情にがんじがらめになっていたアネルの心に
友の声が届く・・・。

アネル:こ・・・、この声・・・は?

ハガネ:(・・・忘れるんじゃないよ、アネル! あんたは一人じゃない!)

ナコルル:(アネルさん・・・! 戻ってきて・・・!!)

真っ暗だったアネルの目の前に、懐かしき友の面影と声が聞こえる。

アネル:・・・そうだ、あの日も・・・こんな風に。

アネルの脳裏によみがえる研究所での日々。

変化のない永遠ともいえる景色の中、差し伸べられた手。

友の優しい声。

アネル・・・!

アネルさん・・・!!

行こう! ・・・一緒に!!

アネル:!? リア・・・フィーユ。

不意にアネルを包み込む温かいぬくもり。

リアフィーユ:(・・・忘れないで、ずっと・・・一緒だよ。)



アネル:そうか・・・、私は・・・。



今まで止まっていたアネルの時間が、もう一度、動き出す!!


カッ・・・!!
シュウウウウ・・・!!


ナコルル:!? アネルさん・・・!

まばゆい閃光と共に、アネルを拘束していた牢獄が瓦解する。
崩壊が一通り収まると、その中心にアネルが一人、静かに佇んでいた。

アネル:・・・心配をかけたな。 ありがとう、ナコルル。
     もう、大丈夫だ・・・。

ナコルル:アネルさん・・・、本当に・・・本当に、良かった・・・。

ナコルルの目から大粒の涙が零れ落ちる。

ナコルルの震える肩をそっと抱き寄せ、アネルは静かにつぶやく。

アネル:・・・すまなかったな。 私が・・・不甲斐ないばかりに
     迷惑ばかりかけた・・・。 気持ちばかり先走って、
     本当に・・・大切なものを見失うところだった・・・。

ナコルル:アネルさん・・・。 もう・・・、もういいんです。

ナコルルが、首を振る。

アネル:ずっと・・・、ずっと誰かを守りたいと思っていた。
     誰かを守れなければ、自分の居場所なんてないと・・・、
     思っていた。 でも・・・、違うんだ。 私には、居場所が・・・
     あった。 私が・・・、守っていたんじゃない。 
     私が・・・、ずっと、守られていたんだ・・・!!

ナコルル:アネルさん・・・。

アネル:・・・だから、もう逃げない。 私は・・・私の心と
     向かいあう。 自分の心の闇と向かいあう!!

アネルが前方の闇をキッ・・・!!と見つめる。


ゴォオオオオオオ・・・・・・!!


周囲の闇が凝縮し、暗き炎と変化し、渦を巻き集まってくる。

暗き炎は、絡み合う様に天高く燃え盛ると、炎獣の姿へと
姿を変える。

ナコルル:あ、あれは・・・!?

ナコルルの脳裏に、会場を破壊し尽くす姿がよみがえる。

アネルが、一歩前に進み出る。

炎獣:ワレハ・・・闇。 全テヲ破壊スル闇ノ・・・化身。
    呪エ・・・己ガ身ヲ。 怨メ・・・運命ヲ!!

周囲より吹き荒れる炎獄の炎。
しかし、アネルは怯まない。

アネル:・・・私は、もう迷わない。 友が・・・、大切な仲間が、
     教えてくれた。 たとえ、この身が呪われていようと、
     私は・・・、道を・・・光を見つけてみせる!!

炎獣:・・・ホウ? 面白イ・・・、我ニ抗ウカ・・・?
    ナラバ、今度コソ、完全ニ貴様ヲ取リ込ンデクレヨウゾ!!
    カアアアアア・・・!!!

炎獣は気合とともに叫びを上げ、その姿をさらに変化させる。

その姿は、アネルと瓜二つ・・・。
いや、狂気を孕んだ紅い眼。
全身を包む炎と青白い紋様・・・。

アネルとは似て非なる存在だった。

mugen00858.png

炎獣:コイ・・・!! 弱キ者ヨ!!

アネル:いくぞ・・・!!

炎獣:カアアア!!!

同時に跳躍する二人。

mugen00859.png

一瞬に繰り出される数十発の拳の攻防。
互角に見えるその攻防だったが、炎獣の繰り出す炎をまとった
攻撃は、一撃一撃が重く、じょじょにアネルの体力を削る。

炎獣:喰ラエ・・・!!

炎獣の炎をまとった強力な一撃がアネルの目の前で爆ぜる。

ドォオオオン!!!

mugen00860.png

アネル:くっ・・・! まだだ!!

攻撃の隙を突き、アネルの連撃が炎獣をとらえる。

炎獣:クッ・・・! ナニ・・・!?

一撃一撃、アネルの決意を込めた重い一撃が、炎獣の身体を
的確にとらえる。

mugen00861.png

炎獣:馬鹿ナ・・・貴様ノ何処ニコンナ『力』ガ・・・!?
    瀕死ダッタ貴様ノ身体カラ感ジル・・・コノ『力』ハ!?

アネル:・・・言ったはずだ、私は一人じゃないと。
     この力は・・・私一人の力じゃない。
     みんなが・・・くれた希望の力だ。

怯む炎獣に叩き込まれる高速の連撃。

mugen00862.png

炎獣:グッ・・・、他人ガクレタ『力』ダト・・・!
    ソンナモノ、弱者ノ戯言ゾ・・・! 人ハ一人・・・。
    信ジレバ、イズレ必ズ裏切ラレ、絶望スル・・・!
    カアアア・・・!!

必死の形相で、繰り出される炎の連撃。

しかし、アネルは臆する事なく、さらに前へ踏み込む!!

炎獣:ナッ・・・!?

mugen00863.png

アネル:・・・確かに、人と触れ合えば、傷付く事もあるだろう。
     裏切られ、絶望する事もあるだろう・・・。
     ・・・それでも、私は、人を信じる!
     己を越えて、相手を思いやる、人の心を信じる!!
     弱さを抱えているからこそ・・・相手を想い、信じ、
     お互いに、強くなる事も出来るんだ・・・!

アネルの動きがさらに加速する。

アネル:これで・・・最後だ!! はあああ!!!!

炎獣:バ・・・、馬鹿・・・ナ・・・ッ!!
    我ノ・・・速サヲ・・・超エルダト・・・!? ガハッ・・・! 

アネルの疾風のような連撃が、炎獣をとらえ、
炎獣を一気に吹き飛ばす。

激闘の果て、アネルは、己が内なる闇に打ち勝つのであった。

>> Read More

web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

つづら杯決勝戦~覚醒編その3~

こんにちは、管理人のつづらです。

ハガネの助力で、アネルの精神世界に潜入したナコルル。

とめどなく溢れる記憶の中、ナコルル達は、アネルの心を探す。

果たして、友の声は、アネルの心に届くのか・・・?

枷を外すもの・・・、それは・・・?



・・・暗闇の中、うっすらと意識がたゆとう。

培養液、試験管。
部屋いっぱいに、設置された計器類。

いつからだろう、私が存在するのは・・・。

『守レ、コノ研究所ヲ・・・。』

アネルという名を与えられ、いつしか私は、この研究所の
門番となった・・・。

明滅する景色。

血。

炎。

倒れゆく敵・・・。

永劫ともいえる闘争の記憶。

降りかかる火の粉をただ払いのけるだけの存在。

それが・・・私だった。



【精神世界】

ナコルル:これは・・・?

ナコルルの脳裏に、誰かの意識が流れ込む。
ほどなくして、それが、アネルの意識だという事に気付いた。

???:これは、アネルの記憶。 いわば、アネルの心のかけらさ。

誰かの声がする。

ナコルル:・・・その声は、ハガネさん!?
      どこにいるのですか?

ハガネ:・・・あたしは、今は、いわば精神・・・魂だけの存在。
     本体は、別の所にあるのさ。

ナコルル:・・・やはり、そうでしたか。

ハガネ:・・・気付いていたのか?

ナコルル:ええ・・・、うっすらとですが。

ハガネ:・・・そうか。

ナコルルは、下唇を強く噛む。
離魂術が、どれだけ危険なものか、巫女であるナコルルには、
十分分かっていた。

ハガネ:・・・とにかく、今は、アネルの【心】を探す方が先だ。
     この空間の一番奥。 もっとも想いが集束している場所、
     そこに、アネルは必ずいるはずだ。 それを探すんだ。

ナコルル:・・・分かりました、やってみます。

ナコルルは、意識を集中し、アネルの心に語りかける。

ナコルル:アネルさん・・・、アネルさん、応えて。

無限とも思える記憶の海に、ナコルルは己の意識を飛ばす。
常人であれば、その質量に押しつぶされる程の膨大な感覚の中、
ナコルルは、己を確立しつつ、他者の意識を探るだけの力を持っていた。

ナコルル:・・・見つけた!!

記憶の海の深層。
暗き闇の底、その声は聞こえた。

mugen00857.png

グスッ・・・。
グスッ・・・。

すすり泣く、誰かの声。
幾重にも鎖が巻きつけられた牢獄の中、一人の少女が泣いていた。

少女:ごめんなさい・・・。 ごめんなさい・・・。

ナコルル:アネルさん・・・。

少女:・・・誰!? 誰かいるの!?

ナコルル:アネルさん、私です。 ナコルルです・・・。

静かに歩み寄るナコルル。

少女:!? ・・・いやっ! こないでっ・・・!

バチッ・・・!

ナコルル:くっ・・・!

突如、激しい痛みがナコルルを襲う。
憎悪、後悔、悲痛、怒り・・・。
様々な感情が、一気に沸き起こり、そして、ナコルルを貫いた。

鮮血が、その白き柔肌を朱に染める。

少女:だめ・・・、こないで! 私は、人を傷付ける・・・。
    私は、人を傷付ける事しか出来ない・・・!
    私は・・・破壊者だ!

少女から流れ込む負の感情が、ナコルルを再び、貫く。
激しい痛みに耐えながら、ナコルルは言葉を繋げる。

ナコルル:・・・そんな事、ありません。
      アネルさんは、私を含め、沢山のものを・・・、
      守って下さいました。

少女:違う・・・! 違うっ!! 私は・・・何一つ、守れていない。
    私が守ろうとしたものは、全部、指の隙間から零れ落ちる。
    私は・・・無力だ。

ナコルル:アネルさん・・・。

少女:私は・・・呪われている。 私は、なにかを守ろうなんて、
    考えちゃいけなかったんだ。 私の手は・・・血まみれだ。
    傷付ける事は出来ても、守る力なんてなかったんだ・・・!

次々と襲いくる少女の負の感情。
とめどなく襲いくる衝撃は、ナコルルを貫き、その口元からは、
鮮血が滴った。

ナコルル:・・・っ。

少女:お願い・・・、私に近づかないでっ・・・!
    それ以上、近づいたら、死んじゃうよ・・・!!

血まみれの少女は、悲痛な声で言い放つ。

ナコルル:・・・なら、あなたは・・・何故、私と同様に・・・、
       いえ・・・、私以上に傷付いているのですか・・・?

少女:!?

少女はナコルル同様、いや、それ以上の傷を全身に受けていた。

少女:私は・・・、私は・・・。

自分の傷だらけの両手を見つつ、打ち震える少女。

ナコルルは、静かに近づく。

ナコルル:あなたが、許せないのは・・・自分自身。
      仲間を救えなかった自責と後悔の念が、あなたを
      がんじがらめにしているのです。
      そして、それ以上に・・・、大切なものを失う事に
      怯えている・・・。

少女:う・・・わ、私は・・・、私はぁ~~~!!!!

絶叫する少女。
溢れかえる負の衝撃が四方からナコルルを襲おうとした時、
その衝撃を一身に受け止める人影があった。

ズン・・・ッ!!

少女:!?

ナコルル:ハガネ・・・さん!?

ハガネ:ぐっ・・・! ・・・しっかりしろ、アネル!! 
     さっきから・・・、黙って聞いてりゃ、呪われてるだの、
     傷つけるだの、ネガティブな事ばかり言いやがって・・・!!

少女:・・・!? あなた・・・は!?

少女の姿は少しずつ変化し、次第にナコルル達の知るアネルの姿へと
変わっていく。

アネル:・・・だって、そうだろう!! 私は、お前達を守れなかった!!
     私の力が足りないばかりに、お前達をむざむざ死なせて
     しまった!! 責められて、当然だ・・・!! 私は・・・、
     私は、自分が許せない・・・!! お前達を守れない私に・・・、
     何の価値があるというんだ・・・。 私は・・・。

ハガネ:馬鹿野郎~~~!!

アネル:!?

ハガネの声が木霊する。

ハガネ:・・・お前は、何様のつもりだ!! あたし達は、お前に
     守られなきゃいけないくらい弱い存在なのか・・・!?
     馬鹿にするのも、いい加減にしろ!! ・・・それにお前は、
     大きな勘違いをしている。 あたし達は、お前が強いから、
     一緒にいた訳じゃないんだよ!

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。

ハガネ:・・・こんな事、こっぱずかしくて言いたくないけど、あたしも
     リアフィーユも、お前が、あんたが気に入ったからこそ、一緒に
     いたいと思ったんだ! 力とか、そんなもの、関係ないんだよ!! 

アネル:・・・・・・・・・・・・・・・。

ハガネ:・・・結果がどうあれ、少なくとも、あんたは、あんたに出来る
     精一杯の事をしたんだろ!? あたし達は、知っている・・・。
     あんたが、あたし達の為に、命を懸けて挑んでくれた事を・・・!
     感謝こそすれ、なんで、あんたを恨まなきゃいけないんだい・・・!!
     それに・・・、あたし達は、【まだ】死んでない・・・!
     だから、これ以上、自分を責めるな!!

アネル:・・・っ!!

ハガネ:・・・ったく、本当にあんたは不器用だね。 
     他人の事を想ってるのに、自分ばっかり傷付いて・・・。
     いつも・・・いつも、あんたは、考えすぎなんだよ・・・!
     よっ・・・と!

アネル:!?

バチィ・・・!!

絡みつく鎖に手をかけるハガネ。
強烈な激痛が体中を駆け巡る。

アネル:な、なにをしているんだ・・・!?

ハガネ:・・・決まってるだろ、この鎖を外して、あんたを解き放つ。

アネル:や、やめろ!! そんな事したら、痛みで身体がばらばらに
     なるぞ!! ヘタをしたら、お前まで!!

構わず、鎖を解き続けるハガネ。
次々と襲いくる、想像を絶する強烈な痛み。

それは、精神体状態のハガネの身体をも蝕み、ハガネは吐血した。

ハガネ:はは・・・、痛え・・・痛えな・・・。 こんな・・・痛みに、
     お前は一人で耐えてたのか・・・。 ごふっ・・・!

ナコルル:ハガネさん・・・!

膝をつきそうになるハガネを支え、ナコルルも一緒に鎖を外しにかかる。

ハガネ:ぐっ・・・!

ナコルル:かはっ・・・!

耐えがたき激痛をその身に浴びながら、二人は、なおも動きを
止めない。

アネル:どうしてだ・・・? ふ、二人とも・・・、どうしてそこまで・・・!

同じ様に苦しみながら、アネルは二人に問いかける。

ハガネ:決まっているだろ・・・。 あんたが・・・。

ナコルル:決まっています・・・。 あなたが・・・。



『大切な仲間だから・・・!!』



アネルに流れ込む、友の感情・・・。



パキィィ・・・・・・ン!


1つ目の鎖が外れる。
続いて、2つ目、3つ目・・・。
次々と外れていく鎖。

それはまるで、アネルの心の枷を外すかのように、一本、また一本と
消えていくのだった。


そうか・・・、私は・・・。


最後の鎖が外れるのを見届けると、ハガネはガクリと膝をつく。
その存在はゆらぎ、急速に消滅し始めた。

ナコルル:ハガネさん!!

ハガネ:・・・どうやら、時間切れみたいだね。
    すまないが、後の事はたのんだよ、ナコルル・・・。
    出来の悪い【妹】だけど、面倒見てやってくれ・・・。

ナコルル:ハガネさん・・・。

ハガネ:・・・それと、あんたへの伝言だ。
     『リムルルは、生きている。』って・・・。

ナコルル:!?

思いがけぬ朗報に、涙するナコルル。
その瞬間にも、ハガネの存在は急速に薄れていくのだった。

ナコルル:ハガネさんっ・・・!!

ハガネ:(・・・出来れば・・・もう一度、心行くまで、あんたと
      戦いたかったねえ・・・。)

満足げな笑みを浮かべ、ハガネは静かに消えていくのだった・・・。

to be continued・・・
web拍手 by FC2

| mugen(大会・etc) | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>