ぷっぷく工房

mugenとゲームとイラストをまったりと綴るブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

トラ♪トラ♪トラ♪

こんにちは、管理人のつづらです。

タイガーマスクw

いやぁ~、タイガーマスクW、面白いですねぇ~♪

懐かしさと郷愁とプロレス愛で、ふと見始めた本作ですが、
いつの間にか、どっぷりとタイガーワールドにはまってしまいました。(笑)

タイガーマスク・・・。
その名を知らぬものはいないほどの知名度のレスラー。

たとえ、プロレスにあまり詳しくない人であっても、虎のマスクをかぶった
その特徴的な姿は、きっと記憶の片隅に残っているはずです♪

ウルトラマンや仮面ライダーと同じ様に、プロレス界を代表するキャラとして、
後のアニメやゲームに与えた影響は数知れません!
(MUGEN好きの皆さんは、どれだけパチキャラがいるか、知ってますよね♪)

梶原一騎さんによって生み出された、このヒーローは、もともとは「虎の穴」
とよばれる悪役レスラー養成機関のレスラーでした。

しかし、主人公、タイガー・・・伊達直人の想いもあり、生まれ育った孤児院を
救う為、裏切り者の汚名を受けながら、リングで孤独に戦う事になります。

・・・当然、慣れ親しんだ技は、全て悪役仕込みの反則技。
人を救う為の戦いとはいえ、タイガーは、ずっとそのジレンマに苦しみます。

やがては、正統派レスラーとして、華開くタイガーですが、本当にその戦いは
苦闘の連続でした。
(そして、あの最終話へ・・・。涙)

・・・ただ単に、綺麗なだけの存在ではない、清濁合わせ持った姿こそが、
タイガーの魅力なのかもしれませんね。

・・・ととっ、なんだか、初代の話にばかりなってしまいましたが、
40年越しに復活したこのタイガーマスクW。

ただ単に、ネームバリューだけではなく、そこには、熱い魂がありました♪

まず、作画。
当時の荒々しい作画を踏襲しつつ、それを現代風に上手くアレンジして
再現しています。

・・・リメイク作品では、どうしても当時と比べると、綺麗だけれど、当時の作品が
持っていた独特の雰囲気というか、絵の重さがなくなってしまうという事が
よくあるのですが、いい意味で古臭さを残しつつ、作画の格好良さとして
生かしているように感じていました。

そして、プロレスの描写。
新日本プロレスの全面協力のもと、通好みの攻め具合、試合展開が、
なかなかに面白く描かれています。

タイガー独自のキレのあるローリングソバットや身のこなし。
独特のタイガーステップも再現されていたりと、本当に見ていて楽しいです♪

無印では、悪の秘密結社という体が大きかった「虎の穴」ですが、
今回は、二人のタイガーを主人公に配置する事で、それぞれのサイド、
スタンスなどの内部事情が分かりやすく、お互いの魅力を上手く
引き出しているように思えました。
(ミスX、すごく魅力的なんですよ~♪)

さらに、その二人のタイガーを取り巻く、魅力的な登場人物。
かつてのイエローデビルが師匠になっていたり、ミスターXが声も当時のまま!に
再登場したりと、往年のファンにとっても、ニヤリとするサービス要素が
山の様にあったりします♪
(なんと、一部のレスラーは、本人がアフレコしてるとか・・・。笑)

無印では、ドロドロのシリアス展開が多かったのに対し、基本はシリアスですが、
こまめに散りばめられたギャグ要素が、緩和剤のように作品を魅力あるものに
高めているようにも感じました。

・・・現在は、表のタイガーに喰われて、ほとんど空気と化してしまった
裏のタイガーですが、挫折から再び立ち上がるのがタイガーマスク。

きっと、これから、真の強者へと変わっていく・・・。
そんな感じも受けました。

・・・余談ですが、今作のOPとEDは、ものすごく中毒性の高い、
格好良いものとなっていますので、ぜひぜひ一度は聞いてみて下さいね~♪
(特にED。><)

ではでは、久々のプロレス熱に侵されたつづらでした。(笑)
web拍手 by FC2

| アニメ | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

がお!がお!がお!

こんにちは、管理人のつづらです。

怪獣娘

いやぁ~、怪獣娘、いいですねぇ~♪

ちっちゃな頃から、慣れ親しんできた怪獣が、なんと擬人化!!
しかも、みんな美少女揃い!!

かわいらしいデザインと、ほわほわなストーリーに魅せられて、
ついつい私もハマってしまいました~♪>△<

ウルトラ怪獣擬人化計画の一環として作られた本アニメですが、
素晴らしいOP・EDも相まって、とても楽しんでみる事が出来ました~♪

主人公は、なんとアギラ!!
知る人ぞ知る、ウルトラセブンのカプセル怪獣です。(笑)

ウィンダムはともかく、一体何人の人が、この娘を知っているんだろう・・・?
超マニアックなセレクションに、怪獣好きの私もニヤニヤしてしまいました。

ストーリーは、そんなカプセル3人娘が不思議な招待状に導かれて、
「GIRLS」と呼ばれる組織を訪れた所から始まります。

そこにいたのは、なんとピグモン!!
誰もが知っている超有名マスコットキャラです!
(え・・・、ガラモンとの違いが分からない? ・・・少し表に出ましょうか?)

こほん・・・!
ともかく、そのピグモン教官から怪獣娘である事を知らされた三人は、
怪獣娘と変身する為、特訓を受ける事になるのですが・・・。

物語は、そんな三人娘を中心に、様々な怪獣娘の登場する笑いあり、
涙ありのとても素敵なお話になっています。

なにより、素晴らしいのが、怪獣娘のデザイン。
ある意味、特徴的過ぎて、どう擬人化すればいいか分からないような
あの怪獣の数々を上手くデザインに取り入れて、美少女化してあります。

キャラ付けもしっかりしてあり、元ネタを取り入れつつ、それを性格や
外見に反映させてあるのは、とても好感が持てます♪

元ネタを知らなくても楽しめますが、知っている人はさらに楽しめる本作。
ウルトラファンの人も、そうでない人も、ぜひぜひ一度は見てみて下さいね♪
ハマる事、間違いなしです!

おまけ

今回は、最近、主役級の活躍をしているみんなのアイドル!?
ゴモたんを打ってみました~♪

すでに、ゴモラはMUGEN入りしているので、画像差し替えで、
すぐにデビュー出来そうですね。(笑)
では~。ノシ

ゴモたん
web拍手 by FC2

| アニメ | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

りめいく!

こんにちは、管理人のつづらです。

最近、TVでは昔のアニメ作品が実写化される事も多くなりました。
そんな中、注目していたのが、「ど根性ガエル」と「エンジェルハート」。

どちらも当時、大好評で放送されていた人気アニメ作品です♪

・・・残念ながら、一部を除き、実写化されると多くの場合、原作の設定を
利用しながらも、まったく別の作品になってしまうという事がよく起こって
しまうのですが、今回のこの二つの作品は、個人的に大満足でした。

まずは、ど根性ガエル。
原作から、数十年後という舞台になっていて、それぞれのキャラが
成長した姿で登場しています。

当然、当時とは、キャラのイメージも変わっている部分も多々あったのですが、
松山さんを始めとした出演者の熱演もあり、「原作のキャラが成長したら、
こんな感じになっているのかなぁ・・・。」と色々とほっこりしながら見ていました。

そんな中でも、注目して見ていたのが、もう一人の主人公ともいうべき、
ピョン吉の演技です。

実写と聞いて、ピョン吉をどんな風に表現するのか、すごく気になっていたのですが、
そんな不安を吹き飛ばしてしまうほどの素晴らしい再現が施されていました!

なにより、ピョン吉の声を担当された満島ひかりさんの熱演は、当時のピョン吉の
声を知る私にとっても、違和感の全く感じない、素晴らしいものとなっていました。

あの、威勢が良く、漢気に溢れ、それでいて涙もろい、人情味溢れた
哀愁の漂う、何んとも言えない、あの声・・・。

それを再現するかのような、その素晴らしいピョン吉の声に、息を飲んでしまいました・・・。

そして、長い年月を経て訪れる本当の別れ・・・。

原作でも、主人公ヒロシと喧嘩別れするというエピソードはありましたが、
今回の別れは、本当の意味での別れ・・・。

刻一刻とせまるピョン吉の寿命に、涙が止まりませんでした・・・。
(EDが、EDがぁぁぁ~!!)

本当に、本当に素晴らしい名演技でした・・・。><

そして、「エンジェルハート」。

以前、ジャッキー・チェンが主演を務めた事もあったシティハンターの
アナザーストーリーとも言えるこのお話。

パートナー香の死という、衝撃の展開からスタートするお話ではありましたが、
今回、上川隆也さん主演でドラマ化されました。

こちらも、大人気の作品という事で、登場人物を誰が演じるのか、などなど、
放送前から多くの反響があったようですが、作品の雰囲気を忠実に再現しながら、
本当に丁寧に作られていた様に感じました。

特に、上川隆也さんが演じる冴羽獠の演技は目を見張るものがありました。

大人気のキャラだけに、実写の冴羽獠は再現不可能!・・・とまで言われていた
のですが、その仕草、雰囲気、完璧なまでに原作に近づけてくれました。

あの独特の哀愁、凄味、格好良さ、能天気さ・・・。
演技を見る度に、何故かアニメの冴羽獠の姿が重なって見えるように
なってしまいました・・・。

それまで、実写をみると、何故か違和感を感じる事も多かっただけに、
これは本当に驚きました。
(るろ剣の佐藤健さんといい、当たり役ってあるんですね・・・。)

これもひとえに、役者の方も含めたスタッフ全員が、原作を本当に大切に
しながら作り上げていた賜物の様に感じます。

何もかも実写にすればいいというものではありませんが、久々に
素晴らしい作品に出会えて、本当に嬉しかったです。><

・・・今回は、懐かしいキャラシリーズという事で、当時よくやっていた
ゲームのキャラを打ってみました♪

だれだか、分かるかな~?

ラン
web拍手 by FC2

| アニメ | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドラゴンボール復活!!

こんにちは、管理人のつづらです。

ついに始まりましたね~♪
ドラゴンボール超!!

今までにも、様々なジャンルで幅広いメディア展開を見せていた
ドラゴンボールですが、この度、原作者の鳥山明さんの原案をもとに、
約18年ぶりに、復活しました~!>△<

劇場版「神と神」、「復活の「F」」のストーリーを組み込みつつ、
悟飯とビーデルが結婚した頃から、お話はスタート。

沢山のファンがいるのに深夜枠での放送にちょっと疑問を抱きつつも、
楽しんで見させて頂きました~♪

劇場版であらかたのストーリー展開は分かっていたものの、いざ放送を
見てみると、キャラ同士の掛け合いや台詞、展開が色々と変更されていたりして、
やっぱり楽しいものですね。(笑)

どんどん、どんどんインフレが進んでしまった原作・・・。
まともに戦う事の出来るのが、悟空とベジータ(ぎりぎりブウ?)くらいになってしまい、
他のキャラが解説役に回ってしまった事が、本当に残念ではありますが、
新たな強敵兼、師匠のビルス、ウイスなど目標とする人物の登場に
悟空と一緒にワクワクしながら、私も見ていました。

興味深かったのが、超サイヤ人ゴッドの誕生方法。

5人の心正しきサイヤ人が6人目のサイヤ人に力を注ぎこむ事で誕生する
訳ですが、なんと5人目のサイヤ人の代理?として参加したビーデルの髪の
色が金色に変化するという演出が施されていました。

体内にパンというハイブリッドな娘がいるとはいえ、普通の地球人のビーデルが
変化を起こすというのは、なかなかに面白い演出だな・・・と思いました。
(文字通り、母親と一心同体ですからね! パンちゃん、まじパンちゃん!)

そんな訳で、誕生した超サイヤ人ゴッド。
うん、どうみても外見がクロn・・・げふん!!

普段と違って若干、スレンダーになったその姿は、悟空であって悟空でない、
不思議な存在・・・。

それでも、ビルス様との戦いで、一喜一憂したり、ワクワクしたり、イテテテ!
したりしてる姿を見ると、やっぱり悟空なんだな。(笑)・・・と、クスッとしていました。

それにしても、神同士の戦いでは、世界そのものが消滅しかねない危険性が
あるというのは、本当に厄介ですね・・・。(汗)

悟空もビルス様も、戦うのが大好きみたいですし、思い切って戦いまくったら・・・
って言ってるそばからピンチじゃないですか!! やだ~!!!><

ともあれ、今後の展開にワクワクしながら、毎週見ていきたいと思います♪

仇敵フリーザ戦の先に、なにが待ち受けるのか?
今から本当に楽しみです!!

・・・余談ですが、ドラゴンボールのアナザーストーリーとして、『ドラゴンボールAF』と
いうお話も存在します。(情報元はA-KUEさん。>△<)

こちらも、本作に負けじ劣らぬ、素晴らしいストーリー展開となっていますので、
興味ある方は、ぜひぜひ見てみて下さいね~♪
(なんと、あの悟空が・・・! ああ、この先は言えない!!><)

・・・と、いう訳で、今回は大好きなチチを打ってみました~♪

チチ

個人的に、天下一武闘会の頃のチチが、すごく好きです。

アニメ版では、結婚式のエピソードや二人の気持ちのやり取りなどが
掘り下げられていて、チチファンとして、すんごく幸せな気持ちになりました♪

悟空さ~!!
web拍手 by FC2

| アニメ | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

さばいばる!

こんにちは、管理人のつづらです。

最近、動画やネット上で、学校などのシーンが出てくると、
窓が割れてる・・・とか、感染しちゃう・・・など???と思う
不思議なコメントをよく目にしていました。

ずっと、なんだろ~?と思っていたのですが、その原因が
やっとこ判明しました。(笑)

それが、この『がっこうぐらし!』。
(以下、ネタばれ少々含みます。 注意!)

がっこうぐらし

ほわほわした雰囲気のOPに惹かれて、のんのんびよりのような
日常系のアニメを期待しつつ、ワクワクして見始めたアニメでしたが、
色々な意味で、見事に裏切られました。(笑)

よもやのハートフルボッコアニメだったとは、本当にびっくりです。><

バイオハザードなどのホラー系もけっこう遊んだりしていた私ですが、
あらためて、アニメでそういった系の作品を見ると、その重さに心が
痛みます・・・。

ただ、この作品に関していえば、主人公ゆきを始めとした登場人物達の
ほわほわした雰囲気ややり取りが救いになっている事が良かったです。
(その反面、それがかえって凄惨な部分を浮き彫りにしてたりもしますが。汗)

学園生活部という謎のクラブ。
初めはなんだか、突拍子もない部活だなぁ・・・と思いつつ、不思議な
違和感を感じながら見ていましたが、最後に分かる衝撃の事実。

あらためて第一話を見てみると、その張り巡らされた複線の数々に驚きます。

絶望の中での希望、絆・・・。
友達、仲間がいる事の幸せ。

そういったなんでもない普通の事が、本当に幸せである事。
そんな事も感じさせてくれるアニメでした。

個人的に、めぐねえと太郎丸は大好きです♪

毎回、毎回、タイトルが意味深で、すごく結末が気になりますが、
少しでも多くの希望が残されている事を願って止みません。

・・・若干のネタばれを含みつつ、なんとかさらりとまとめてみました。(失笑)

少々、クセはありますが、あえて言います。
この作品に出会えてよかった。

お・ま・け

今回は、太郎丸・・・じゃなくて、戦闘民族のくるみさんを打ってみました♪
イメージより、高頭身になっちゃいましたが、18歳バージョンだと思って
見て下さい。(笑)

くるみ

次は、誰を打とうかなぁ・・・?
web拍手 by FC2

| アニメ | 23:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>